« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

ラストチャンス!! ~タイに向けて73~

「いざ鎌倉!!」

5月23日朝3時半、いつもと変わらずシャワーを浴び目を覚ます。

止まっていた場所はジャエラにあるサッカー施設。

会長が手配してくれて、3日間くらい合宿をした所。

準備を進める。

スーツを着て、ネクタイ締めて、荷物は忘れてないか最終チェック。

準備完了、後はバスを待つだけだ。

フライトは朝の7時半。

バスを待つ。

Dscf2001P1030616

ネクタイをしてると選手たちかっこよく見えるね。

バスも4時ちょっと過ぎに到着。

夜なので空港までもあっという間に。

バスの中はテンション上がりっ放しの選手たち。

疲れるなよ。

空港に着くと見送りに来てくれた人達が続々と。

協会の人たちや、野球関係者、家族、友人など沢山。

本当にありがとうございます。

102_1580Dscf2019

さて、飛行機に乗ってもテンションの高いランカ人。

写真も好きでいっぱい撮ってました。

そのお陰で、帰国後たくさん写真を集めることに成功!!

ナイス!!!!

さすがに行きの飛行機でお酒を飲む奴はいなかったな。

感心感心。

Dsc03698Dscf2021

だいたい3時間半でバンコクの到着。

同じ3時間半でもキャンディに行くのとは大違い。

すごく快適な空の旅だ。

なんか、寝てるとあっという間についた気がする。

空港に着く。

豚インフルエンザの影響で空港はマスクをしてる人ばかり。

当然うちらは・・・・してません!!!!

実はバンコクの空港でちょっとしたサプライズあったんです。

これを知ってるのは今回引率した首脳陣とキャプテンのアミラとスバーッシュのみ。

どんなサプライズかというと・・・・アカランカの合流!!!!

そう、アカランカは3月にフィリピンの大会が延期になった時点で大学があるため、イギリスに帰らなければならなかった選手。

他の選手たちには今回はナショナルチーム辞退と伝えていたのだが、実は来れることが5月頭に決まり、一部の選手と首脳陣にだけ来れることを伝えていた。

さてどんな反応を示すか!?

入国審査を済ませて入ってくる選手たち一人一人の反応・・・・最高のサプライズでした!!!

めっちゃみんな驚いてた!!

てか、嬉しそうだった!!!!

こうしてメンバーが揃ったところで、チーム一丸!!!!

宿舎に向かったのだった。

P1030635102_1635P1030641

迎えに来ていたバスに乗り込み、初日の宿舎へ。

一日早くタイに来たスリランカチームの初日の宿舎は特別にタイチームの宿舎に泊まることになった。

タイチームの宿舎、スリランカナショナルチームからしたらかなりの立派なもの。

ネランカなんかずっと、うちにもこんな宿舎があったらな~と嘆いていたのが印象的だ。

ユニフォーム、アンダーシャツ、セカンドバッグもトレーニングシューズもすべて揃っているタイチーム。

バッティング用のネットや、ボール、バットも充実していて、スリランカからしたら喉から手が出るほど欲しいものばかりだった。

タイも野球先進国に着々と近づいているのを感じた。

負けないぞ!!!!!

102_1668P1030659

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~タイに向けて72~

「いざ、タイへ!!!」

5月22日金曜日、練習最終日、翌日の4時には起きて空港へ向かう。

泣いても笑っても後戻りはできない!!

やるしかない!!!

そんな気合いを入れるのでした。

朝から自分は心電図の結果を取りにいったりとドタバタだったけど笑

ひとまず、やりきった!!

後は力を出し切るだけだ!!!!

続く

Img_4196Dscf1915

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~タイに向けて71~

「うわっ、まじで??」

5月21日木曜日、場所はスポーツ省。

なんと、記者会見が行われた!!!

スポーツ大臣と一緒に、スリランカ国内のメディアが一杯。

テレビで見たことある記者会見の席にいるなんて・・・・。

日本じゃないけど、でもすげー感動。

フラッシュの嵐です。

実は以前練習している時も、テレビ局が3つインタビューに来た。

だからテレビ慣れしてるのだ!!といいたいとこだけど、緊張でした。

でも少しは世間も注目してくれているみたいだし、ブラウン管を通して、スリランカにも野球があることを伝えれたので本当によかった!!

「必ずメダルを獲ってきます!!!」

そう言ってしまったので、獲るっきゃない!!!!

もう後戻りはできないぜ、みんな・・・・。

続く

Img_4214Img_4225Img_4229Img_4231Img_4284

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~タイに向けて70~

「う~ん・・・・」

5月19日火曜日、場所はコロンボのレースコースグラウンド。

大会前の最後の練習試合を大学生チームと行う。

ガンマンピラが足を負傷していたため、セカンドはカルー。

それ以外はベストメンバーで臨んだ練習試合。

大学生のチームも結構いいメンバーがそろっている。

ネランジャンにバーヌカ、サハンにドゥマ、マノッジ、ガヤンなどいいメンバーが集まってくれた。

この大学選抜のメンバーの中にもナショナルチームでやれる実力のある選手はたくさんいる。

しかし、家の事情やお金の事情などで来れない選手もいるのだ。

ネランジャンはナショナルチーム結成の時に名前のあった選手である。

さて試合が始まってみると、押している・・・・はずのナショナルチームは押されている。

チャンスにフライを打ち上げる選手。

不安的中。

天ぷらだ。

守ってはミスがちらほら。

先制は4回大学生チーム。

このまま負けるのも彼らにとっては刺激になっていいかも。

と思いつつも、でも負けられない試合。

やっと、次の回に打線が爆発。

最終的には10点差をつけての勝利になったが、序盤は完全に大学生チームペース。

反省点は山ほどある。

・打ち上げる

・追い込んでから簡単にストライクを取りに行って打たれる

・サインミス

・軽率なエラー

・簡単にアウトになる、粘り強くない

・ハイボールにつられる選手が多い

・ケースバッティングができない

などなど

残りの期間でどれだけ修正できるだろうか?

続く

Dscf1900Dscf1901Dscf1949Dscf1912

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~タイに向けて69~

「役割を学ぶ」

5月18日月曜日、昔からあんまり好きじゃない月曜日・・・・だけども前回の日記にも書いてる通り、曜日感覚というものが失われる生活をしていると、月曜日も悪くない。

チームには役割というものが必ずある。

野球も同じく。

どうしてもプレーヤーに目が行ってしまうのは日本でも同じだけど、野球だったらファースト、サードコーチ、ブルペンキャッチャー、首脳陣。。。。

みんなチームには欠かせない存在なのだ。

スリランカの選手たちにそれをわからせるのは少しまだ時間がかかるかもしれない。

野球は打って捕って走ってだけの単純なスポーツではない。

一番が出て、二番が送って、三番四番で返す。

二番がいるといないとでは大きな差だ。

送れないチームは点がいざという時にとれない。

そう思う。

いずれはスリランカ人だけですべてを行えることが理想的だ。

コーチも選手も作戦も道具も全部スリランカ人だけでできる時ってのは、もう、アジアの野球強豪国入りしてる時だろう。

そのためにも一歩一歩進む必要がある。

失敗を繰り返して、そこから学べばいい。

今回のアジアカップはそんなチャンスでもある。

だから、サードコーチもスリランカ人にやらせたい。

バントやエンドランだって積極的にやらせたい。

また一歩先に進むために挑戦あるのみ!!

続く

Dscf1701Dscf1780Dscf1789

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~タイに向けて68~

「日曜日だけど」

5月17日日曜日・・・・・だけどいつも変わらない、今日も野球ができる。

こうやって、毎日同じ生活をしていると曜日がわからなくなる。

スリランカで何回忘れたことか。

そんな生活ともあと少しでお別れだな。

このチームも大会が終われば解散。

ちょっと寂しい気がする。

続く

Dscf1773_2P1030438P1030569

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~タイに向けて67~

「暑い」

5月16日土曜日、暑い。。。。。

まさしく野球日和。

黒さもスリランカ人とそう、変わらなくなってきた。

そして、気合も入ってきた!!!

こんな中、投手陣には走り込み!!!

体力つけとけ、暑さに慣れとけ!!!

続く

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~タイに向けて66~

「天ぷら」

5月15日金曜日、着々と大会が近付いてきている中で頭を悩ます問題が・・・・

今回は技術的な問題。

それは、「天ぷら打線」である。

選手は天ぷらなんて言われてもわからんだろう。

そう、あの揚げ物の天ぷら。

「天ぷら打線」って何??って話だけど、「天ぷら打線」ていうのは簡単に打球を上げてしまう打線。

大学生の時によく打ち上げる甲子園ボーイの斎藤って奴がいたんだけど、そいつを思い出した。

だから俺は「天ぷら打線」と命名したのだ。

そう、スリランカ人よく打球を打ち上げる。

一発狙いのアッパースイングが多い。

非力な打者でもそういう打法の癖がある。

それを直そうとあの手この手をやってみたけれども、昔から体に染みついているクリケット打法はなかなか手強く、ずっと悩みの種だ。

クリケットの影響、恐ろしや!!!

クリケット打法にならない選手は比較的クリケットで打撃が下手である!!!そうとも言える笑

ネランカ、彼は間違いなく、クリケットで打つのがそんなに得意ではない。

だから、野球ではライナーやゴロを打つのが得意だ!!

逆に、シャーリタとナウィーンは打ち上げ専門の天ぷら打法・・・・じゃなかったクリケット打法。

こいつら、大会でも打ち上げたら罰金もんだな。

そんなこと言ってる場合じゃない、大会までにできるだけのことをしよう。

続く

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~タイに向けて65~

「休み明けは動きが悪い」

5月14日木曜日、前日は休みにしてそれぞれの実家に帰り、出発の準備をさせた。

毎回だけど、休み明けは本当に動きが悪くて、ついでに前に教えたことも忘れてしまう選手がいるくらいだ。

切り替えが上手なんだな~・・・・っておい!!時間がないからできるだけ少ない回数で吸収してね。

野球で身につけたことをすべて忘れろってことじゃなくて、体の休養と精神的なリラックスだから。

だから毎回、休み明けは特に罵声を浴びせている気がします。

そもそも、選手たちの中にどれだけ自主練というものをしている選手がいるだろうか??

何も言われなくても素振りをする、ランニングをする、そういう意識の高い選手・・・・ネランカとスプン、ポーニぐらいかな。

だからこの三人はぐっと力が伸びた!!!

そして、プレーにも安定性がある。

どんなに上手くてもいいボール投げれても、安定感に欠ける選手はイマイチ試合で使い辛いってのが本音だ。

監督をやってみてそう思う。

全体的に上手にはなったけど、もっと上手になってよかった選手が沢山いる。

そこが、今後のスリランカ野球の課題でもあるかな~・・・・

言わなくてもできる選手。

こういう選手がもっともっと増えたら、もっと良いチームになるぞ!!

今、そして次のナショナルチーム、そして更に次のナショナルチームに期待しましょう!!

続く

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~タイに向けて64~

「成長したな。」

毎日の練習で必ずやるノック。

最初に比べてどうか?

めっちゃ上手くなった!!

それだけは確かに言える。

上手くなったと言っても、そんなに上手くはないけれど、最初に比べてかなり上手くなった!!!

成長が見てとれるのはすごく嬉しい。

そんなことをすごく感じた、5月12日火曜日だった。

さて、明日は大会前最後の休み。

タイに行く準備を済ませないと。

続く

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~タイに向けて63~

「満身創痍」

いい選手とよくない選手を見極めるときに判断基準になる項目の一つとして、ケガをしないか、するかということが出てくる。

スポーツにケガはつきものだけれども、同じ量をやってもケガをする選手とケガをしない選手とじゃ大きな差になる。

5月11日月曜日。

痛いところのない選手・・・・6名・・・・

がんばれ!!!

続く

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~タイに向けて62~

「大会までにできること」

5月10日日曜日、タイに向けて出発する日まであと13日。

2週間を切った。

選手たちも仕上げの時期にきているので、さぼらない程度に、無理させない程度に、練習を行っていく。

できればグラウンドを変えて、もう少し広くて地面が平らなところで練習したいが、そうも言ってられない。

人間てのはある物が満たされると、次の欲が出てくるもんで、今提供されているグラウンドや住居、食事も、ある程度満たされてしまうと、更に上の物を求めてしまう。

便利な物が見つかると、更に便利な物をを求めてしまう。

それが向上心に繋がればいいのだけど。

とにもかくにも、ハングリー精神だけは失わずにいたいものだと思う。

選手たちは何を思って練習しているのだろうか?

そういう疑問がたまに出てくる。

信頼がないということではなくて、考えて練習しているのだろうか?ということである。

残りの時間が少なければ少ないほど、効率の良い練習をしなければならない。

そのためには考えて練習をすることは絶対!!

もちろん練習をする時は時間の有無に関係なく、考えて練習をする必要があるのだけれども、特に大会が近付いて気持が熱くなってきてる時は更に上手くなるチャンス!!だと思う。

選手たちにどれだけそれができるのだろうか。

それができている選手は・・・・二人くらいかな。

気合いを毎日入れるためのミーティングが毎日必要になりそうだ。

続く

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~タイに向けて61~

「掛け声は何でもいいや、騒げや!!」

5月9日土曜日、天気は完璧雨の気配なし。

この天気に調子に乗って、もっと元気出して練習してほしいもの。

でもこのチームは少し声が出ない。

野球で声が出ないのは致命傷。

いや、野球だけでない。

スポーツで掛け声ってのは大事だ。

試合でいざって時に声が出ないチームでは困る。

そのための練習からの大きな掛け声なのだ。

でもスリランカ野球で、練習中声を出す習慣があまりない。

だから腹から声を出せる選手が少ない。

その対策として早いうちから取り入れたのが最初のアップの時のランニングでのかけ声。

「さあ、行こう!!・・・・・おい!!!」から始まり、「1ソーレイ、2ソーレイ、3ソーレイ、4ソーレイ、1、2、3、4、1234、2234!!!!」というかけ声。

これを始めてから、声が徐々に出るようになったが、でもまだ足りない。

そこでキャッチボールでの声の掛け合い。

「ナイスボール」、「ホンダーイ!!」みたいな、何でもいいから相手にボールだけでなく大声で声をかけて、言葉でもキャッチボールするように。

これを始めたら、やはり違う。

ノックをしていても声が以前よりも出るようになったし、変わってきた。

そう変わることが大事。

少しでも勝利に近付いている実感を自信にしていく必要がある。

そして、継続は力なり!!それを忘れてはいけない!!!

続く

| | コメント (2)

ラストチャンス!! ~タイに向けて60~

「毎日カレー」

5月8日金曜日、大会まであと16日と迫り、実際大会までに練習できる日は2週間もない。

まだまだ練習しなければいけないことはあるけれども、浅く広くよりも、深く狭く練習した方がチームを強化できる時期。

野球に関する多くの技術が一朝一夕で身につけることはできないけれど、でも集中すればするほど、そして考えながらやればやるほど、身に付くスピードは確かだから、最後の最後まで力の限り練習することが大事だ。

動くだけ動いたら、食べるんだ!!

カレーをね。

ずっとカレーを食べる生活、赴任当初想像していた生活がやってきた。

スリランカのカレーって本当に辛くて、汗だらだらかきながら食べるのが普通。

でも慣れってのは怖いもので、あれだけ、辛いと言って食べていたカレーも2年も経てば、あんまり辛さを感じずに食べることが出来てしまう。

以前の日記に書いたように、日本の辛口カレーが全く辛いと感じなくなる。

本当に本場のスリランカカレーはそのくらい辛い!!!!

そんなカレーをしっかりと食べて、体力回復!!!!!

続く

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »