« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

日本帰国!!日本の空気はうまかった⑧

『太鼓の精霊』

朝までのカラオケでくたくたのヨシオと俺は昼過ぎまで爆睡。

起きたのは何時だったろうか??

夕方くらいに太鼓とグローブなどを持ち、河川敷へ遊びに。

風が気持ちいい場所。

何となく癒された。

川原では高校生らしき野球小僧達が部活帰りになにやら遊んでる様子。

そういえばそんな光景あったなと昔を懐かしむ。

ヨシオは太鼓を叩きながらリズムにのる。

いい音が河川敷に響き渡っていた。

しばらく遊んで、家に帰り、晩御飯の材料を買いに近くのスーパーへ。

カレーです。

辛口です。

ヨシオが作ってくれた。

美味かった!!

でも辛口なのに全く辛くなくてびっくりした。

スリランカのカレーは世界一辛いカレーって言われてるくらいだからな。

もう甘口も辛口も変わらない味覚になってしまったようだ。

でも美味かった。

続く

| | コメント (0)

日本帰国!!日本の空気はうまかった⑦

『サプライズは慣れてないもんで・・・・』

奥の方に案内され、着いてみると、なんと、今日は来ないはずのメンバーや来ると知らされてなかったメンバーが沢山!!

サプライズかよ!!

高校の同級生、アジア野球交流会、本当に沢山の人たちが集まってくれた。

感謝です。

後藤さんの言っていた意味がわかりました。

とにかく、懐かしい仲間達とのご対面。

なんだか何から話していいのか迷っていたけど、懐かしくて嬉しい気持ちで一杯だった。

スリランカの話をしたり、そして日本の話をしたり、話は尽きない!!!

ビール飲んだり、ウィスキー飲んだり、超テンションは上がる。

ケツメイシのハッピーバースデーが流れ出す。

そうすると後からバースデーケーキ!

そう、ちょうどその日は純ちゃんの誕生日の近くだったので、純ちゃんの誕生日も兼ねての歓迎パーティだったのだ♪

盛り上がった盛り上がった!

帰国祝いに俺もB型パンツにコンドーム一箱をもらった。

お気遣いありがとうございます。

テンション上がったまま、二次会はカラオケ!

そして三次会もカラオケ!!

どんだけカラオケ!?

でも朝までめちゃくちゃ楽しく過ごしたのでした!!!

P1030378P1030384P1030391P1030705

| | コメント (0)

日本帰国!!日本の空気はうまかった⑥

『ありがとう』

人は変われる?

それとも変われない??

どっちだと思いますか???

俺は変われると思います。

そう、チャンスが人間には溢れてる。

本当に心の底から願えば、どんなことだって叶えられる、そう信じてます。

そして、泣いても笑っても時は過ぎ、明日はやってくる。

そして死は確実に訪れる。

それまで精一杯駆け抜ける、そういう人生であったらいいなって最近思います。

新宿に着いた、俺とヤス。

ヤスの次の日に同僚の結婚式があるらしく、ネクタイとシャツを買いたいとのことで、時間まで新宿のデパートをうろつく。

何か、うろうろしてるだけでも楽しい日本。

すげー新鮮。

シャツ、ネクタイを選んでいるヤスに電話が。

ヤスから電話を渡され出てみると・・・・宮田だ!!!!

宮田とは小学校からの大親友で久しぶりの会話だった!!

小学校から野球好きの宮田とはクラスが違ったけど気が合った。

そして高校は同じクラスに。

大親友だ!!

どうやら宮田も飲み会に来るそうだ。

そしてヤスの買い物が終えると、待ち合わせ場所の新宿駅前の交番に向かう。

ヨシオが待ってるはずだ。

そして向かっていると、誰か見たことのある顔が・・・・あっ!!後藤さんだ!!!

後藤さんとはアジア野球交流会の創設者。

※昔の日記にも出てくるのでぜひご覧あれ。

「何してるんすか??」

『あっ、いや、そのアジア交流会のメンバーと飲む約束をしてるんです。』

「へ~、しかし世間は狭いですね!!」

『そうですね。・・・あの~今出会ったことは内緒で。』

「へ??どういうことすか??・・・・わかりました」

何で内緒なんだ??と思いながらも深く考えず、交番前に向かう。

それにしても人が多くて真っ直ぐ歩けないよ。

まるで祭りだ。

そんなことを田舎者の俺は思いながら、歩いているとヨシオ発見、合流。

「あれ、まいこさんと純ちゃんは??」

『先に行ってるよ』

そして向かうことに。

なんてお店か名前忘れたけど、なかなかキレイな店。

スリランカ帰ってくれば全てはきれいな店笑

そして奥の方に案内され、向かっていくと、何と・・・・

続く

| | コメント (0)

日本帰国!!日本の空気はうまかった⑤

『懐かしい~』

グローブ工場で感動し、暫く見学させてもらったあと、ヨシオはグローブ作りの修行があるので一人でヨシオの家に帰ることに。

夜は高校の同級生と飲む予定があったのでそれまで何をしようかと考えていた。

そこで昔の携帯を取り出し、新しく買った携帯からデータをうつしたりしていると、ヨシオから電話が。

どうやら今日の飲み会一人欠席が出たらしく、もう一人誘って欲しいとのこと。

わかった!

と声をかけたのは、ヤスという高校の同級生。

よく地元で遊んだりする仲のいい友達の一人だ。

「もしもし!ヤス?ウルシだけど元気??日本に帰ってきたよ!」

「おお、帰ってきたのか?!」

そんな会話をしながら、懐かしさを感じながら、日本に帰ってきた実感がまた湧いてきた。

そこでヤスと一緒に飲み会までの時間買い物をすることに決まった。

待ち合わせの場所には3時前に着かなければいけないのだが・・・・

やってしまいました、ランカタイム。

大遅刻で結局買い物は別の場所に行くことに。

ごめん、ヤス。

そして待ち合わせ場所を変更してヤスとの久しぶりの再会!

全然変わってないヤス。

二年振りなのに、全然違和感がない!!

ヤスも腹減っていたので、マックに行くことに。

そこで帰国後初のテリヤキマックバーガーを食べた!!

超うめ~!!!!!

P1030376

さすが日本!日本人向けの味です。

ちなみに、スリランカではチキンがメイン。

スパイシーチキンバーガー、ダブルマックチキンなどなど。

スリランカのマックも悪くないけど、日本のマックがやっぱり日本人には合ってる!!

そして、アウトレットで少し買い物。

Tシャツ一枚購入。

そんなこんなでぶらぶらしているうちに、飲み会の時間も迫ってきたので新宿に向かうことに。

電車の中でヤスと色んな話をして盛り上がった。

その中で一番印象的だったのは、宇宙飛行士を目指すという話!

夢を見つけたヤスの目は輝いていた!

やっぱり何か目標に向かって突き進む友達を見るとすごく勇気付けられるし、自分も頑張らないとと思う。

夢を追いかけることがどれだけ素晴らしいことか。

めっちゃテンションが上がった!!!!

そしていつの間にか新宿に到着。

続く

| | コメント (1)

帰国!!日本の空気はうまかった④

『グローブ職人』

4月11日土曜日、東京に着いてから2日目。

天気もよく、日中は半袖でもいける日本。

春の陽気とは思えないくらいの暑さだった。

さて、この日の午前中は楽しみにしていたことが。

それはヨシオの修行しているグローブ工場に行くこと。

ヨシオから色んな話は聞いていたけど、実際に見てみないと実感が湧かないところもあったし、何よりも、自分が大好きな野球の一番愛着を持って使っているグローブをどのように作っているか、この目で見て見たいという想いもあった。

そして、スリランカ野球の発展のために協力してくださっている工場の方々にもお礼を言いたかった。

ヨシオに連れられて電車で向かう。

電車に乗る前にヨシオからの提案、「ウルシもスイカ買えば?バスでも使えるし便利だよ」

「えっ??バスでも使えるの??」

日本はすごいね。

田舎者の俺にはスイカは本当に便利ですげーっと思った。

更に、スイカは財布の上からも反応するという事実・・・・

すごすぎる!!!

話は戻り工場へ向かう。

ヨシオからは工場のこと、職人の方々のことは聞いてたのである程度想像はしていた。

工場に向かうために小さな路地に入る。

近所の方に挨拶しながら進んでいくと、小さな一軒家の前でヨシオが止まる。

「ここだよ。さあ、中に入ろう」

玄関もそうだけど予想していた工場とは違う、普通の家のような感じ。

ガラガラガラガラ。

玄関を開ける。

中に入ると3人の職人の方々が、決して広くはない部屋でなにやら作業をしていた。

「親方、工場長、彼がスリランカで野球を教えている漆原です」

早速ヨシオが紹介をしてくれた。

「初めまして、漆原と申します」

最初は緊張気味に挨拶をしたことしか覚えてないけど・・・・

そう、その部屋に入った瞬間、俺は感動を覚えた。

職人の方々が一つ一つの作業を手で行い、そして、野球選手には欠かせないグローブを作っていること、グローブになる前の革、そしてその空間、何とも言えない雰囲気がたまらなく俺を感動させた。

こうやって、グローブができるのか!!!!

ヨシオの親方、そして工場長と色んな話をしていただいた。

グラウンドはどんな感じか、選手たちはどんな感じで、どのくらいのレベルか、スリランカで使ってるグローブはどんな感じなのか、他にも一杯。

写真を見ながら話をしたりもしたし、本当に話が尽きなかった。

年齢は近くはないが、野球の話だけでこんなに一杯話せるなんて、本当に幸せで、感謝せずにはいられなかった。

世代を超えた繋がり。

野球というものを通して、素晴らしい繋がりができている。

野球を愛してる人は永遠の野球小僧でいられる。なんて素敵なことか!!!!

野球やっていて、何度俺自身も救われたことか。

今日本でグローブ職人は減っている。

海外の工場による大量生産も理由の一つのようだ。

ヨシオが通うグローブ工場の親方も、弟子をとるつもりがなかったそうだ。

ヨシオも何度も何度も頭を下げて、やっと許可を得て、グローブ作りを教えてもらえるようになった。

それもスリランカの野球選手たちが大好きだから。

ありがとうございます。

グローブ職人が一人前になるまでに10年はかかるそうだ。

決して簡単ではない道のり。

でも最初の一歩を踏み出した瞬間、夢は近づいてる。

今回グローブ工場に行って、俺自身も沢山のことを学んで、そして沢山感謝せずにはいれなかった。

きっといつかスリランカに野球が根付く日が来る!!!!

そう思った。

続く

| | コメント (0)

帰国!!日本の空気はうまかった③

『居酒屋懐かしい』

俺、「ひできちおせーな。ランカ人だな」

モル、「ひでき変なジャケット買ってたで。それ見ればわかるで。」

そんな会話をして経つこと15分。

変なジャケットを着てひできち参上。

いや、別にジャケットが変なわけじゃなくて、スリランカの格好が見慣れてる俺達の目がおかしくなっていたのだ。

こうして、予定のメンバー全員集合。

いや、正確にはまだこれるかもしれないメンバーや二名の返事待ちだった。

ふるさんと、学さん。

でも二人はもう働いている社会人。

仕事が忙しいのだ。

さてさて、最初に行ったのは、魚民!!!

懐かしいね、居酒屋。

すごいね、居酒屋!!

注文とか本当に楽だね。

しかも、本当に何でも美味しいね。

日本て本当に素晴らしい国だね!!そう実感した。

色んな話で盛り上がったな。

ひできちとモルはつい最近までスリランカに一緒にいたのに、あたかも久しぶりにあったみたいだった。

とにもかくにも、あの隊員はどうしたとかこの隊員はどうしたとか、この国はどうだとか、これからどうするだとか、そんな話題ですごく盛りあがった。

何かすごく楽しかった。

二件目も居酒屋。

ただ終電の時間が近いよしおとゆっこりんと俺は帰ることに。

と帰る間際に学さんに会うことができた!

懐かしかったけど、白かった!!!

日本人になっちゃってました!!

何か色んな人とと再会できて楽しい一日だったな~。

続く

| | コメント (0)

帰国!!日本の空気はうまかった②

『携帯たけー!!』

さて、新宿へヨシオと繰り出す。

まずは携帯購入へ向かう。

ついたのはヨドバシカメラ。

携帯のとこへ行く。

「た、た、高い!!!」

思わず言ってしまった。

だって携帯5万くらいするんだもん。

昔なら、そんなにしなかったのに・・・・

でも基本料金やら色んなものが安くなってるから実際はトータルで見たら安いとか。

でもやっぱり5万は高いね。

そしたら、ちょうどセールで出てる携帯を発見。

全部で12000円とお買い得なので、即決!!

手続きやら何やらで1時間くらいかかるらしく、その間に髪を切ることに。

ヨシオに携帯で調べてもらい、近い美容院に向かう。

予約してなかったので30分待つことになったが、30分待ちなんてスリランカでへっちゃらになっちゃったぜ。

あっという間に30分。

カードを記入させられたので、住所欄にスリランカの住所を書いてやった。

そしたら、受付の人と担当の人が笑ってた。

そんなことをしてながら、髪を切ることに。

担当の人は舞という名前の人。

そう、相方と同じ名前です。

福島を思い出す。

担当の舞さんもワーホリでカナダに行ってたことがあるらしく、海外の話で盛り上がる。

かなりうまく切ってくれて、素敵なモヒカンの出来上がり。

ヨシオも、「やっと日本人らしくなってきたね。黒いけど。」と一言。

ぶらぶらしてるときに買ったピアスをつけ、大学生に戻った気分で、携帯を受け取りに行く。

それにしても東京の街は、いや日本人は面白い。

みんな同じ方向向いて歩いてるし、知らない人に話しかけないし、みんなきれいな格好してるし、白いし・・・・って当たり前のことなんだけど、でもスリランカにいた自分にとっては逆カルチャーショックというか、違和感というか、見てるだけど面白い国だって感じた。

2年間て短いようで長いんだな。

変わらないものも沢山あるけれど、変わったものも沢山ある。

さて携帯を受け取り、早速今日の飲み会に参加する仲間に連絡。

コロンビアに行ってたゆっこりんだ。

ゆっこりんとは正真正銘、2年2週間ぶりの再会。

出発の空港で会って以来だ。

彼女も新宿にいたらしく、ヨドバシカメラの近くで会うことに。

そしたら、すぐに見つかりました。

「おお~!!!!ゆっこりん!」

「うるちゃん!!」

なんか二年前に戻った感じ。

ヨシオも実はゆっこりんとちょっとした知り合い。

3人で英樹との約束のアルタ前に6時、まで1時間くらいあったから、マックでお茶。

そして時間。

英樹はいるのか!???

とアルタ前、に行くと、一人、知ってる顔が・・・・モルだ!!!!!

モルにはミクシーで前日連絡。

誰も来てなかったらぶらぶらして帰るつもりやったで。といつも通りな感じ。

あれ、英樹さんがまだですが・・・・

6時を過ぎていた。

続く

| | コメント (2)

帰国!!日本の空気はうまかった①

『日本てすげー!!!』

4月10日金曜日、成田空港に降り立つ。

まずはヨシオに連絡を取らないと。

この日から一週間ほどヨシオの家に滞在させてもらうことになっていたので、連絡を取ろうとするが、携帯電話を持っていないので、公衆電話を使うことに。

公衆電話って何年ぶりに使うだろう?

確か高校のときにテレホンカードが余っていたので、好きだった子に電話をかけて以来だ。

さて公衆電話を使おうと思ったら、テレホンカードの自販機が1000円か小銭しか使えない。

あいにく諭吉様しか持っていなかったので、売店に言ってコーラを買うことに。

素晴らしい、日本。大きなお金でジュース買うことができるし、お釣りもしっかりと備えてある。

隣のカデーに両替に走る定員もいない。

日本て素晴らしいって最初に思ったのがこれだった。

そして、日本に着いての最初の買い物がコカコーラだった。

テレカを買ってヨシオへ連絡。

「おお、ついたか!お帰り。じゃあ北千住駅まで迎えに行くよ!!北千住駅のマックまで来て!駅前に二つあるから歩道橋のの下にあるほう!」

頼もしい言葉にほっと一安心。

だって田舎出身の俺には東京と聞いただけで複雑なイメージが沸いてしまう。

北千住なんてヨシオが住んでなかったら、一生行かなかったかもしれない。

それにしても日本はマックがすごく近くに建ち並んでるんだな。

スリランカじゃありえないぜ。

とにもかくにも、こうして北千住駅に向かうことに。

成田空港からモーニングエキスプレスに乗り、日暮里へ。

そしてその後北千住へ。

北千住へ着くとヨシオの言われたとおりに、きょろきょろしながら歩いていくと、

突然後ろから、「お帰り!!」振り返るとヨシオがいた。

これでかなりほっと一安心。

二人でバスに乗り、ヨシオの家へ。

それにしてもバスがめっちゃ静か!!

ドアも開いてないし、うるさい音楽も流れていない。

街を紹介した車内アナウンスまで流れるし!!!

もちろんバスだけでなく電車も!!

「日本てすげーな!!」って改めて思った。

さてバスを降りて、帰り道にファミリーマートへ!!

これも二年ぶりのコンビ二。

「きれいだな~、なんでもあるな~」とうっとりしている自分がいた笑

ヨシオの家に到着。

一人暮らしの家って感じで大学時代を思い出す。

すると階段を上がったところに大きな太鼓が一つ。

俺、霊感が少しあるのでたまに見えるんだけど、太鼓の前に太鼓を守るようにして立つ精霊が一瞬見えた。

温かくて力持ちな感じ。

何かすごくいい気分になった。

さて、まずはヨシオとスリランカの話やお土産を渡して盛り上がる。

ネットも貸してもらい、ネットの速さにびっくり。

何年ぶりかの特ダネで小倉さんも見たし、佐々木アナじゃなくて中野アナになってた。

とにかく目に入るもの全てが新鮮ですごくウキウキしてた。

さて、この日やろうと思っていたことが3つある。

一つは髪を切る。

ボサボサの髪型を日本人らしくする!!

二つ目は携帯購入!!

どうしてもこれから必要になる携帯を早めに購入することに決めた!!!

最後、ひできちとの飲む約束を果たす。

新宿アルタ前6時集合と帰国前に決めた時間通りに果たして会えるのか!?

そんなことを思いながら新宿へ向かったのだった。。。。

P1030372P1030371P1030700

続く

| | コメント (0)

懐かしの日本へ!!

『日本は意外と暑かった』

4月9日、午後二時の便に向けて帰る最終準備。

「いよいよ、日本に帰れるのだな」と思いつつも、本当に帰るのか心配になった。

ホステルには見送りに来てくれたシマノーナ。

18-3も俺が帰れば残り二人だぜ。

寂しいなぁ。

数日後帰国することになる、短期シニアの佐藤さんもホステルにきていて、俺の大好きなエビを始め、すしをにぎってくれた。

何か無性に美味かった。

スリランカのJOCVには帰国前儀式がある。

それは帰る前にホステルに掲示されている自分の写真を燃やすというものだ。

いつもは見てる側だった自分の写真を燃やす側になったのは違和感。

マッチに火をつける。

「ああ、本当に帰るんだ」

みるみる燃えていく写真、しかしあと少しのところで火が消えた。

屋敷さんがそれを見て、「また戻ってくるからちょうどいいんじゃない?」

確かに笑

P1030354P1030355_2P1030357P1030370_3

そんなこんなで出発の時間。

お迎えの車は俺一人だったせいか、バンではなく所長号!!

ついてる笑

空港までの道のりを走っていて、朝だったせいか、そんなに雰囲気はなかったけど、スリランカの景色を見ていたら少し寂しさを感じた。

そして空港へ。

空港には野球協会の役員が来てくれていて、お別れの挨拶と、再会を誓った。

さて、一人で飛行機に乗る。

スリランカの大地を飛び立つ瞬間。

ドキドキしていた気持ちが一気に最高潮!!!

「ああ、日本に帰れるんだ!!!」

帰りの飛行機は伊藤さんが前に送ってくれた桑田の本を読んでいた。

途中でそれに飽きたら映画を観る。

ハムナプトラ3が観れたのはラッキーだった!!!!

シンガポール着く。

シンガポールからはちらほら日本人の姿が。

日本人の女子大生らしき集団を観て、そのきゃぴきゃぴさと、日本人らしさに少し抵抗があって、スリランカ人が恋しくなってしまった笑

二年間で慣れてしまったそれを元に戻すためにリハビリをしないと・・・・。

シンガポールでの乗り継ぎまでの待ち時間は2時間ちょっとだったのですぐに日本行きの便に搭乗。

さあ、いよいよ日本へ向けて出発だ!!!!!

シンガポールからは眠くて眠くて仕方がなかったので殆ど寝ていた。

そして、目覚めると、あと1時間くらい。

いよいよ近づいてくる、二年二ヶ月ぶりの日本。

大地が見えてきた。

整然と並ぶ家々はスリランカとはやっぱり違って、また良さを感じた!!!!

そして着陸!!!!

着いたぜ日本!!!!!

時間は10日朝7時半を過ぎた頃だった。

続く

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~タイに向けて53~

『帰国前最終練習』

4月5日日曜日、日本に帰国前にナショナルチームとできる最後の練習。

また戻ってくるから練習に対しては特別な感情はないけれど、でもきっちりと手を抜かずやること、それは継続しなければならないと思った。

自分がいない間の練習はJICAのりょうさん、けいさんがノックを助っ人に来てくれる。

本当にありがたい。

仲間が支えてくれるってのは本当に嬉しくて感謝しなきゃいけないことだと思った。

そして、俺がいない時の練習に対して選手はどうなのか?その報告が楽しみ。

そんなことを思っていた。

10日には2年と2週間ぶりの日本。

スリランカとは違う空気をまた感じるんだろうな。

続く

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~タイに向けて52~

『ナーランダ』

4月4日土曜日、帰国前の練習最終週。

練習はナーランダで行われた。

ナーランダという学校、実は少し思い入れがある学校。

というのは、スリランカで一番最初に練習にきた学校だからだ。

あの時は言葉もままならない中必死でやっていた時。

初めて会ったナーランダの子達も緊張気味。

でもすぐに打ち解けた。

特にコーチのマリンドゥは最初はシャイで沈黙も多かったが、後にアミラ達と同じくらい練習を助けてくれた人物。

マリンドゥなしではこんなスリランカでの活動もしっかりとできなかったと思う。

そのくらい、いつも力を貸してくれる仲間だ。

マリンドゥは今回アンパイアとしてタイに引率する。

ナショナルチームの練習時も、彼はものすごく働いてくれている。

すごく頼りになる存在だ。

野球は、いや、野球だけでなく全てのスポーツが、選手が一番目立つ。

それは普通。

しかし、そんな選手達を支えている裏方の人間が沢山いて、その支えがあってこその選手達のパフォーマンスだ。

プロ野球で言ったら、トレーナー、バッティングピッチャーなど、沢山の裏方がいてこその選手たちなのだ。

だから支えてくれている人たちに感謝すること、ものすごく大事だと思う。

それは選手としても当然だが、一人間ととして当たり前のこと、俺はそう思う。

感謝ができる人間は強い!!!!!

そして感謝できる人間はついている!!!!!!

続く・・・・

| | コメント (1)

ラストチャンス!! ~タイに向けて51~

『昨日よりも動きがいいじゃん!』

3月29日日曜日、練習場所はゴール、前日と変わらないね。

前日の練習は守備が散々だったので今日は守備中心に。

明日は月曜日ということで、練習は2時まで。

限られた時間の中でどれだけ中身のある練習ができるか、それが大事。

ダラダラ長い時間やるよりは短い時間中身の詰まった練習をした方がはるかに効率がいい。

さて問題の守備はというと・・・・ミスも少なく調子がいい様子。

前日と同じチームとは思えないくらい。

でも波があるチームじゃ困る。

安定したチームじゃないと。

このチームに何が必要か考えると、もちろんそんなに力があるわけじゃないから打撃も守備ももっと必要だけど、練習や試合に取り組む前の準備が必要だと思う。

「集中力」それが大事だ。

どんな状況においても100パーセントの力が出せる選手、これってプロ野球選手でもできない選手沢山いると思う。

それくらい容易なことじゃない。

でもこれができたら、大きなチャンスになる、そう思う。

浮き足立っている相手を一気に攻める、これは常識。

ということは逆もありえる。

浮き足立っているところをやられる。

どんな状況でも動揺しない、そんな選手になるために普段の練習とイメージトレーニングが大事なのだと私は思う。

どんなに力を持っていても、力を出せない選手は、力を持っていない選手と同じ、いやそれ以下なのだ。

だって持っている力を出せないってことはツキもないってことだからね。

うちのチームがアジア・カップで勝つためには間違いなく、しっかりとした準備をして試合に臨むことだろう。

その辺を選手に理解させるのって結構苦労するけど、やってかないとな。

そんな俺も浮き足立たないように、色んな状況を常に頭に入れていかないとね。

続く・・・・

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »