« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

ラストチャンス!! ~タイに向けて50~

『もう50回も練習したんだな~』

3月28日土曜日、帰国まであと少し。

この日の練習場所はゴール。

ゴールと言ってもいつものリッチモンドやマヒンダではなく、ルフナ大学のエンジニアの学部のグラウンドを使用しての練習だった。

初めて使ったそのグラウンドは野球グラウンドに形が似ていて、懐かしい感じがするグラウンド。

大きさは程よいんだけど、バックネットみたいにストップするものがないので後ろにファールを打ったり暴投したりするとすぐに草むらという場所です。

でもどんな環境でも練習ができるのはありがたいこと。

ありがとう!!

とみんなで感謝しながら練習開始。

暑さと言えば先週よりも若干マシにはなったものの、日差しの強さは変わりなく、野球日和といった感じ。

さてこの日はいつもよりもバッティングを増やしての練習。

バッティング練習が大好きなスリランカ人にはいい感じの練習だったかな?

お昼にはやしきさん、まいまいさんが駆けつけてくれて、そして昼下がりが過ぎた頃、調整員の中川さん夫妻が駆けつけてくれて、練習のお手伝いをしてくれました。

午後の練習は守備中心。

しかし・・・・前の週に練習がなかったせいかぽろぽろしまくり。

呆れるほどのエラーの多さ。

情けない!!

練習後、選手達に気合を入れて、話をする。

いつも思うんだけど、選手ってどのくらい俺の話を理解してるんだろうか?

日本人ならまだしもシンハラ語で日本語感覚で熱く語ってはいるもののそそれってどのくらい心に留まっているのか?

そんな疑問を感じることがある。

いや、選手に不満があるとかじゃなくて、単純に言葉の壁ってどのくらいあるんだろうって。

2年経ってもわからない。

それだけ2年てのは長いようで長くもない、何かできるようでできないそんな感じなのかもしれない。

でもここまできたら、後先考えず突っ走るのみ!!!!

そう思う。

半年練習してもたった50日しか練習できない。

でも、スリランカにとって50日、一つのナショナルチームを練習したというのは今まではない新たな出来事なんだ。

たとえそんなに変わらなくても、一歩ずつ前に進めればと思う。

そして俺は誰もが無理だと思うことを成し遂げたい!!

それはアジア・カップ優勝!!!!

とんでもない夢を追いかけて生きてけるって本当に素晴らしいと思う。

少なくとも可能性は0ではない!!

続く・・・・

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~タイに向けて49~

『暑さに負けるな!』

3月22日日曜日、前日に引き続きDSグラウンド、そんでもって暑い!!

でもこんな環境に慣れておけば、きっとどんな暑さにも耐えれる!!

寒さが敵だと困るけど・・・・

練習って何時間もだらだら行うのはよくない。

短期集中で行うのが一番効率よくて、集中できる。

集中しないで練習するのは本当に身にならない。

一人ひとりがやる気を出してやらないことには意味がないのである。

集中の切れ目をしっかりと見つけるのも指導者の大事な役目。

特に暑い日は、集中力散漫になりがちだから、しっかりと目を光らせないとね!!

そんなことを考えながらの練習は、自分が集中するためにもいい。

また一つ選手達と練習して学んだ一日だった。

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~タイに向けて48~

『めちゃくちゃアチーじゃん!!』

4月21日土曜日、久しぶりに戻ってまいりました、DSのグラウンド。

それにしてもめちゃくちゃ暑い!!!

今までで一番の暑さじゃないかというくらいの天気でした。

そんな中、めげずに練習する選手達!

でも時折、へこたれているので水分補給タイム!!!

そんな繰り返し。

そういえばタイの気候ってどうなんだろう??

これもしっかりと調べておかないといけないこと。

前回のパキスタンの大会では環境が大きく影響して、力を発揮できなかったと選手達から聞いている。

タイだったら何回も経験している選手が沢山いるし、そんなこともないだろうが、油断は禁物。

失敗から色んなことを学んで次につなげていくことが何よりも大切!!

スリランカ野球発展はそうやって地道にやっていくのが一番の近道だと思う。

続く

| | コメント (0)

BWで野球を始めよう!

『頼りになる選手達』

3月10日、11日とBWのセイント・トーマスで野球教室を行った。

それも今回のBW遠征のメインイベントのの一つだ。

今までBWには野球部を持つ学校が一つもなかったのだが、このトーマスは積極的に野球を取り入れ、BWの野球のさきがけとなることを快く受け入れてくれた。

当日100人近い子供達が参加。

めっちゃ多くてびっくりした。

さすが、BWのしっかりとした学校だけあって、ものすごく礼儀正しく躾がしっかりとしていたのに感心。

さて、練習開始。

まずはウォームアップから。

いつもナショナルチームが行っているウォームアップを行う。

この日、スプーン、ガンマン、カルー、ナイナの4人が練習のサポートをしてくれたので、ものすごくスムーズに運ぶ、野球教室。

今までの野球教室は一人で行うことが多かったけど、いや~、こいつらは頼りになる。

しっかりと実演してくれるので、子供達も飲み込みが早い!!!

でも他の学校に比べても子供達は飲み込みが早かったのは事実。

それに新しくコーチを始めようというアーナンダという先生も熱心にルールや練習方法をメモする。

このチーム、ひょっとすると、もしかしたら化けるぞ!!!

初日は終了後、ガンマン、カルー、ナイナ、スプン、アーナンダ、カルナンギと居残り一列ノック。

久しぶりに動きまくって汗だく。

楽しかった。

この日はトーマスのシックルームに泊まることに。

みんな病気みたいなもんだから調度良かった笑

なんて冗談言いながらも就寝。

翌日は午前中のみ野球教室を行う。

子供達も待ちに待ったバッティングらしく楽しそう。

そして終了の時間。

記念撮影やらして、しかもプレゼントまで頂いて、本当に楽しい2日間だった。

しかも帰り際に子供達からサインをねだられてスター気分。

ただの野球好きなおっさんなんだけどな~笑

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~タイに向けて47~

『失敗を恐れるな!!』

3月9日月曜日、ナショナルチームがバンダーラウェラで練習する最後の日。

前日の悔しさがどんな風に現れるだろうか、少し楽しみにしていたこの日。

最初のアップから違った。

最初の掛け声から気合が入っていた。

いつもの倍以上の大きい声。

きびきびとした動き。

できるなら最初からやってろよ・・・・

と思いながらも、やる気が十分に伝わってきた練習だった。

さてBWで野球が行われるのは初めてということもあり、道を通る人たちは興味津々に見ている。

これだけでも野球普及に多少なりとも影響してくれればいいのだがと思った。

地元の小さな子供も、野球のグローブやバットが珍しいのか、一緒に野球を楽しむ。

青少年活動的な活動になっていて、新鮮で楽しかった。

大会が延期になってしまったという、大きなショックを乗り越え、また選手達新たに歩み始めた。

何度も何度も打ちのめされても、彼らは決してめげない。

最初に比べるとすごくタフになって、そして成長したということがすごく感じられる。

そんな彼らともっともっとしっかりと練習して、もっともっと強くなりたい!!

そう思った一日だった。

続く・・・・

124255271278

286_2290 293 298

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~タイに向けて46~

『ご無沙汰してました』

大分ご無沙汰していましたが、ブログの更新再開します。

それにしても久しぶりすぎて大分さかのぼることになってしまいますが・・・・

確かBW二日目!!3月8日。

正直すごく鮮明には覚えていませんが、日本人即席チームとスリランカナショナルチームで試合をした!!

まさかナショナルチーム、こんな即席のチームに負けるわけがないと思っていたのか、油断している様子。

ミスも多かったな~。

そこにつけいる即席チーム。

JICAの野球経験者、俺を含め4人。

そこにけいさんとイノッチが加わり、6人。

3人は助っ人でナショナルチームから。

と言っても、控えのメンバーを揃えて9人。

序盤は3-0とナショナルチーム、予想通りの優勢。

でも日本チームも負けてはいない!!

みんなが一丸となりくらいつく!!

今回の環境の利は日本チームにあり!!

何てったって小雨で寒いBW。

日本人は寒さに慣れてるんだぜ!!!

勝負脳を駆使し、全員野球の日本チーム!!

名誉マネージャーカルナンギこと玲奈も初試合!!

BWの彗星、しんやさん(俺じゃないよ)の名誉の負傷、激走!!!!!

結果・・・・勝っちゃいました!!!!!

7-6!!

おいおいおいおい、ナショナルチーム、どうなってしまう!!?

初黒星がJICAの即席チームだなんて・・・・

相当へこむナショナルチームのメンバー。

彼らは宿までの道のり走って帰りました!!!

しんやさんの負傷・・・・骨折。

現在は骨もくっつきリハビリに励んでいる。

続く・・・・

116128_2141 

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »