« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

ラストチャンス!! ~タイに向けて45~

『スリランカナショナルチームがバンダーラウェラにやってきた』

大会開催国が決定した!!

パキスタンかそれともタイか・・・・

タイに決定!!!!!!!!!

大会日程が延びてしまったことによっての支障もあるが、国がフィリピンからタイに変わったのはスリランカにとってはプラスだ。

チケットの値段も半分以下になるし、タイなら選手達の何人かは慣れている。

開催国が決まったことだし、新たな気持ちで臨もう!!!!!

やる気出てきた!!!!!

3月7日土曜日、ナショナルチームはバンダーラウェラにやってきた。

きっかけは、BWのバレーボール隊員(ナショナルチームマネージャー)カルなんぎ(肌が黒い妹)こと松本玲奈隊員が「BWで野球を始めよう!!!」と熱望してくれたことだった。

BWの市役所で働くディッサさん(シリサーのいとこ)やカルなんぎの助けもあって、BWセイント・トーマスでの野球部発足が可能になり、ナショナルチームが練習するためのグラウンドも確保に成功。

ナショナルチームがBWのグラウンドで練習することによって、少しでもBWの人たちが野球に興味を持ってくれればそれだけでも十分OK!!

そんな気持ちで乗り込んだBW。

BWで野球が初めて行われたのだった。

選手は当日の朝、列車でBWに到着。

どうやら一晩中寝ずに騒いでいたようで、お疲れの様子。

最初の練習時間は9時だったが10時に変更し、少しの休憩時間を与える。

JICAの仲間も沢山駆けつけてくれて、すごくテンションが上がる!!

調子に乗った俺は足首をひねってしまったのだが・・・・

練習をしていると、興味があるようBWの人々も足を止めて野球を見物。

やっぱりものすごく珍しいらしく、興味津々。

カルなんぎがバレーを教える学校の子供達や、近くに住む子供達も休憩の合間にグローブやバットを興味本位に使ってみる。

その中にも何人かセンスのいい子供が何人か。

これは楽しみだ。

練習も順調に行われ、午後には試合形式を行う。

JICAの野球経験者りょうさんやBWのしんやさんにも参加してもらい、充実した練習ができた。

こういう練習が毎回できればすごくいいんだけどな~。

そう思うくらい充実していた。

泊まる宿舎もカルなんぎが探してくれて、初めて野球選手たちは合宿らしい合宿をすることができたと喜んでいた。

これはチームが一致団結する大きな助けになるだろうと感じた。

ただ一つ・・・・シャワーがめっちゃ冷たい!!!!

これは慣れるまで時間がかかりそうだな~と思いながらその日は寝たのでした。

085103071245_2

| | コメント (6)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて44~

『最終報告会』

2月28日土曜日、練習はワッタラグラウンドだが、自分はJICAで最終報告会。

選手たちはしっかりと練習していたのだろうか?そんなことを考えながらの最終報告会はテキトーで、上の空だった。

あーあ、こんなことをしてるんだったら、練習して選手たちと汗を流したいな~と思いつつ過ごしたのであった。

でもその夜にあった、送別会はものすごく面白かった。

サプライズ、サプライズの連続で本当にあと少しで帰るのか、ちょっと信じれない気持ち。

送別会の夜はめちゃくちゃ騒いで遊びまくったのだった。

でも心の隅ではナショナルチームのこと。

本当にナショナルチームに首っ丈だ。

183P1030261P1030263115

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて43~

『勝つために』

2月27日金曜日、ワッタラ・ナワロカグラウンド。

平日なので人は誰もいないし、使い放題のグラウンド。

文句を言ってくるおっさんらも、さすがに平日午前10時には仕事に行っているのか、グラウンドにはいない。

いたとしてもこっちはしっかりとブックして使っているんだから、使うけどね。

選手たちはいつも変わらぬ表情で練習。

きっと心の中では不安もあると思うし、やる気が一気に無くなってしまいそうな中ででの練習だったのではないだろうか・・・・。

それでもそんな姿を見せず、ひたむきな姿で野球をしている彼らを見ていると、感動する。

辛いのはみんな一緒だ。

そんな時こそまとまって乗り越えて行くべきだ!!!

一人じゃない!!!!

まだまだ先は不安定だけど、決してなくなったわけじゃない。

きっといい方向に向かう。

そう思いながら、やるしかない。

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて42~

『まじで!?』

2月26日木曜日、昨日の衝撃的なニュースで選手達はどんな様子か気になるところ。

やはり、暗い感じがする。。。。

でもくよくよしてられない!!

まだBFAからしっかりと連絡が来てないし、もしかしたら何とかなるかも・・・・

そんな淡い期待を抱きながら、活を入れつつ、練習開始。

こんな広いグラウンドでできるんだから、しっかりとやろう!!!

選手達もまだかまだかと情報が入るのを気にしつつ、精一杯練習。

と、そんな中、スリランカ野球協会のラジタから電話が。

選手一気に注目!!

「シンヤ、情報が入ったぞ。どうやら開催国がフィリピンから他の国に変わるらしい。候補は二つあって、タイとパキスタン。」

何~、タイかパキスタンだと~!!?

タイだったら航空チケットも安くなるし、最高。

パキスタンは前回の食事や24時間以上の列車移動などの苦い経験を聞いていたからか、イメージはよくない。

「開催日なんだが・・・・」

そうそう、それが重要!!

「チャンピオンシップの都合上6月前にやらなければならない。という話が出てる。」

やはり具体的な日程は出ないな。

でるわけもない、開催国が定まっていないのだから。

それは仕方がない。

でもまだまだチャンスはある!!!!!

そんなことを思いながら選手に話す。

選手達はやはり少し戸惑いを感じているようだった。

タイなら最高、パキスタンなら・・・・って感じもあった。

そして何より日程がわからないのが大きなマイナス要素。

また期日が延びたら・・・・そんな不安もある。

でもわからないものは仕方ない。

ここまでやってきて投げ出すのはもったいない!!

だからやるきゃない!!!

今は悩んでいてもしょうがない。

俺も選手たちに想いを話した。

「こうなってしまったのは本当に大きな問題。俺もJICAでの延長は無理だ。でも自費で来てでも俺はお前達を見捨てないし、最後までやり通したい。だから、お前達も答えを出してくれ。そしてそれを俺に見せてくれ。」

どこまでそれが通じたかわからないけど、俺は思っていることを心から伝えたつもりだ。

今後どうなるかはわかないが、今は前に進むしかない。

きっと、いい結果が待ってるよ!!!

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて41~

『確実なものなんて・・・・』

ヨシオが帰国した翌日、その事実を知った。

アジアカップ・・・・7月に延期!!

理由はフィリピンがスポンサーを集められなかったこと。

世界的な不況も影響しているようだ。

それにしても7月に延期だなんて・・・・

JICAでの任期延長は不可能。

それに7月に大会が開かれるかも確実でない。

3回の大会延期。

信じれるわけがない。

それにアジア・チャンピオンシップが7月に開催予定なのに、実質無理だ。

今回の延期はあまりにもマイナスが多い。

恐らく選手達の中にも行けるかどうか難しい状況の選手もいるだろう。

選手にどうやって伝えればいいか・・・・

その日は伝えずに、JICAに報告のみした。

そして、2月25日水曜日、練習場所はワッタラのナワロカグラウンド。

懐かしいグラウンドだ。

ナショナルチーム結成当時使ったグラウンド。

地元人と揉めに揉めたあの日が懐かしい。

今回も突っかかってくる、地元のおっさん。

でも前回と違うのはワッタラが地元のアシタが練習に参加していること。

おっさん達を一蹴。

さすが、元ヤンキー。

今では一児のパパです。

そんなことよりも選手にどう伝えるか。

今伝えるべきか。

迷いに迷い、午後延期になったことを伝えることに決めた。

「みんな話しを聞いてくれ。実は大会が延期になった。予定では7月になっているけど、もちろんスリランカ野球協会からBFAに抗議した。その抗議を受けて何らかの対策を練ってくれるといいんだけど・・・・」

それを聞いていた選手たちは唖然の表情。

「それは確実ですか?」

「平日練習のために休みをとってしまった。」

「親に何て言えば・・・」

騒然となる。

もちろんBFAからの正式な通達が来なければ何もできないし、動くこともできない。

この日の午後練習は選手達も身が入っていなかった。

3月の大会のために全てを尽くしてきた選手達。

もちろん俺もそうだ。

でもこの延期はあまりにもショックが大きいものだったし、そして何よりも自分達自信に非があるわけでもなかったので、やるせない気持ちだった。

仕方がないとはどうしても思えない。

それだけ全力でやってきたのだから。

この日の選手達のがっかりとした表情は今でも忘れられない。。。。

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて40~

『俺達はみんなで一つの星』

最近忙しすぎてブログのアップが間に合わない。

だから時間があるときにゆっくりと昔のことを思い出しながら書いていこう。

2月20日金曜日、場所は引き続きバッデガマ。

相変わらず野球日和のいい天気。

そしてこの日はヨシオが帰る日。

午前中には俺とヨシオは練習を切り上げて帰国の準備をしなければならない。

俺もなんだか前回以上に寂しさを感じていた。

グラウンドによく遊びに来ていた、子供達にも今日帰ることを伝えると、

「また来てくれるよね?」

「いつくるの?」

と別れが寂しそうだった。

「次はいつになるかわからない。でもきっと来る」

そうとしか答えられないもどかしさ。

忘れられない。

P1030517P1030532P1030537

なるべく選手たちと沢山話して帰って欲しいという思いもあって、練習は8時半から11時半までで切り上げ、最後は宿舎に集まりみんなで話した。

ヨシオにもみんなの前で話してもらった。

ヨシオが言っていた。

『俺は日本でスリランカ野球発展のためにグローブ作りや道具の支援を頑張るから、君達はスリランカ野球発展のために一生懸命野球をやって欲しい』

離れていても、俺達の心は一つ。

P1030544P1030555P1030568

選手たちには午後の練習を指示し、コロンボへ。

家にある荷物をまとめ、さあ空港へ。

飛行機は12時前の便。

9時くらいには空港に着くように向かう。

本当に帰ってしまうのだな、と車の中で思いながら空港に到着・・・・と、様子がおかしい。

チェックポイント付近で車の渋滞。

周りにいたエアフォースが、「車の明かりを消せ!」

「車の中に待機してろ!」

まさか・・・と思っていたら、

ミサイルが空に飛ぶ!!!

ドドドドドドドドドド!!!!!!!!!!

腹に響く音。

今までで一番近くで聞いた対空砲の音は今まで以上に大きな音だった。

もちろん初めてのヨシオはびっくりしていた。

そして俺達はLTTEの飛行機のエンジン音も聞いてしまった。

そのくらい近くにいたようだ。

サーチライトもいつも以上にせわしないし、対空砲もめちゃくちゃ撃っていたし。

すごい経験をヨシオはしてしまった。

俺は今回で3回目。

あの音はいつ聞いても嫌な音だな。

最後の最後まで色々あった、ヨシオがいた二週間。

本当にありがとう。

またスリランカで野球しよう!!!!

| | コメント (2)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて39~

『投げて投げて投げまくる』

2月19日木曜日、いじらしく太陽はサンサン照らしまくるバッデガマ。

というよりどこも晴れまくり!!

雨なんて全然降ってない。

カラカラのグラウンドで練習。

喉もカラカラだ。

バッデガマの夜はゆっくりと過ぎていく。

夜はヨシオと語りながら、色んなことを考える。

ナショナルチームに足りないものは何か?

そんなこともよく考える。

今のナショナルチームに足りないものは沢山あるけれど、一つ一つ解決しいくのが早道!!

どんなチームにしていくか、ずっと昔から考えていたけど、やっぱり守備をしっかりとしていきたい。

その為に足りないもの足りないもの・・・・すばやい動きだ!!

ていうのは外野にしても内野にしても無駄なステップが多すぎるからそれを減らしたい。

それに効果的なのはボール回し。

しかもボールを二個使うやつ。

二個使うと入れ替わりも速く行わなければいけないし、速いモーションも必要になる。

これは使える!!

次の早速やらせようと思いきや・・・・一個のボール回しでミスが多い。

これじゃ二個は無理だ。

この日はパスした。

その代わりといってはなんだけど、ノックの中にボール回しを交えてみっちりと行った、

このチームは疲労がみえてくると声が出ない。

だから、声も最後まで出させる!!

ヨシオがいてくれたお陰でノックはヨシオに任せて俺も選手と一緒に守備練!

声を一緒に出す!!!!

楽しい!!!!!!

それが大事だ!!

P1030433P1030441P1030483

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて38~

『バッデガマに舞い戻ってきたぜ』

2月18日水曜日、ルフナ大学でのコーチングキャンプから三日目、バッデガマのグラウンドでで練習再開!!

前日は後藤さん達と別れを惜しみつつ飲み明かしていたので、少し寝不足。

でもそんな寝不足も何のその。

選手たちのためなら練習中どんなに辛くても手を抜かない!!

ていうか、選手たち以上に動いてる俺とヨシオ。

だから選手たちに気合を入れて練習をした!!

ヨシオも日本に帰国するまで3日前と、実感が湧いてきたのか、選手たちと交流を深めて練習。

ノックを沢山打ってくれた。

それにしてもバッデガマは暑い!!!

雨は全く降らないからグラウンドもカラカラ。

喉はすぐに渇くし、日焼けと誇りで顔は真っ黒。

野球やってるな~。

幸せを感じながら選手と練習をしていた。

しかし、この日はアミラがやる気がない。

声も出さないし、走るのも遅い。

どんな状況でもキャプテンがしっかりとやらないと、他の選手までだれてします。

選手を全員集めて、アミラに気合を入れる。

俺:「お前キャプテンのくせにその練習態度は何だ?!大体タイに遊びに行ってから帰ってくる日も遅らせるし、練習も休んでるし、キャプテンとしての自覚が足りない」

アミラ:『タイに行って、練習サボったのは2日だけです。それに病み上がりだからきついです。』

なんだその言い訳??

そんな言い訳が通用するわけがない!!!

ましてやキャプテンなんだぞ!!!

しっかりとしないでどうする!!!

ちょっと俺も言い訳に対して頭にきたので、アミラに気合をいれた!!

そうすると、アミラは涙ぐみ言い訳をし始める。

おいおいおいおい泣くなよ。

と思いながら、

俺:「キャプテンを辞退するのかしないのか答えを出せ。」

これで辞退してたらマジで呆れるところだったけど、でもそこはしっかりとできるとの答え。

とりあえずその悔しさを俺に見せてみろ!!!!

そんな思いでこの日も最後まで全力で練習したのでした!!!!

P1030480P1030414P1030486

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて37~

『成果と課題』

2月15日日曜日、アジア野球交流会との合同練習最終日。

この日は朝6時に目覚め、宿の近くにあるブラックサンドビーチを散歩。

海を見ていると心が落ち着いた。

P1030237P1030255

最終日のこの日は練習試合をして最後の交流をしめることに。

日本人のチームと試合をするなんて滅多にあるチャンスではないし、試合不足のナショナルチームにはこの上ないいい機会だった。

いつも悩むけど、できるだけ多くの選手に経験を積ませたいけど、でもベストメンバーで9回まで戦わせたいとも思う。

例えばダブルヘッダーなら一試合目と二試合目をメンバーを変えてできるけど、一試合だけだとなかなか選手起用も悩むことが多い。

日本のように沢山試合ができる環境がいつかはスリランカにもできて欲しいと願うばかりだ。

練習前のノック。

最初はけいさんに内野を打ってもらい、俺が外野。。

そして外野定位置後、俺がノック。

けいさんがいて助かった~。

試合前に十分なノックができた。

そして相手のノック。

その間に選手に話をする。

そしてそれが終わった後、相手のノックを見ようと目を向けると、けいさんが内野を打っている!!!

これもマジうける!!!

だってけいさんバレーボールコーチだから。

しかも野球経験がないのにノックが上手いし笑

キャッチャーフライも打てるようになってました。

すごい!!!!

目指せクロカン!!!!!

試合の行方はというと、初回に相手のエラーなどにもつけ込み6点??(少し前なので忘れてしまった)先取に成功する。

毎回課題に挙げていた、序盤にする畳み掛ける攻撃がこの日はできたので上出来なスタート。

守っても先発アミラが4回を無失点、チンタカが3回1失点、スシが1回失点、シャーリタ1回無失点と失点も少なく、終わってみれば14-2??(これも怪しいですが・・・・)、と大勝することができた。

しかし、アミラやチンタカにいたっては先発を担って欲しい投手陣なのに、体力不足が露呈された試合だった。

アミラは4回にすでにコントロール難。

投球がばらついてたお陰で0点に抑えたが、内容はあまりよくない。

チンタカも3回に四球からの失点。

スシに関してもコントロール難により四球の連発。

走り込みが足りない!!!

後日の練習で彼らが走らされたことは言うまでもない・・・・。

打撃の話に戻ると、選手達には相当いい経験になった。

というのはアジア野球交流会の投手陣3人がそれぞれ違うタイプの投手だったからだ。

左腕、下手投げ、スライダー投手といった感じである。

これは大きな経験になったのではないかと思う。

それに、さすが日本人と思った。

カバーやランニングなどに卒がなく、きっちりとしていたからである。

試合中もそれを選手達に見させることができたのは大きかった。

そういうのを見せたかったからである。

本当に収穫が多く、アジア野球交流会のメンバーに感謝の気持ちで一杯だった。

ありがとう!!!

試合後はそれぞれの選手が別れを惜しむように話をしたり、写真を撮ったり。

嬉しそうな選手を見てると、こちらも嬉しくなるね。

P1030260P1030271P1030270P1030268

感動の交流もこの日が最後。

これで終わりかと寂しそうな選手たち。

しかし、この後ビッグサプライズ!

後藤さんがディナーを選手たちに用意してくれていたのである。

後藤さん、何から何までありがとうございます!!

道具も沢山もらいました。

キャッチャー用ヘルメット1つ、ボール4ダース、木製バット6本!!

これは本当に助かるプレゼント。

選手たちも大喜び!!!

ディナーでも両チームの選手たちは、お互い言葉はあんまり知らなくても、しっかりと会話して仲を深めていました。

言葉なんて知らなくてもどうにでもなるもんだなぁ。。。。。

この三日の間に野球を手伝いにきてくれていた玲奈、どんちゃん、もちろんヨシオもディナーに来てくれて、みんなで楽しみました。

ディナーを食べ終わると、最後は踊りだす選手たち。

元気だな~。

もっと練習させればよかったと思ったけど笑

P1030302P1030356P1030364P1030357

そんな楽しいパーティが終わり、コロンボへ!

帰りのバスに荷物をのせ、まだ時間があるとのことだったので玲奈とアイスを買いに行き戻ってくると、帰ったはずの選手たちが。

どうやら、バスが結局一緒になったようで、じゃあアイスを買って来ようと、もう一度お店へ。

戻ってみるとまた選手が増えてる!!

人数分足りないから、もう一度買いに行く。

時間がないから走って!!!

しかも、段差に気付かず玲奈がこける。

ちょっと笑ってごめん!

そんなテンションでした。

それにしても選手たち、まとまって来いよ!!!

そんなハプニングもある中、バス―店の間を三往復。

しかも3回もアイスを買いに行って店のスリランカ人も笑ってました。

帰りのバスも大騒ぎ。

下ネタ三昧。

めっちゃ楽しかったけど、日本じゃあんな馬鹿騒ぎできないな。

ガンマンピラと俺の間にいたどんちゃんはどんびきだったけど。

それにしても下の2枚目の写真のフォーメーション。

ヨシオが言ってたけど、何も言わなくてもできててうける!!

確かに写真をヨシオと見たときに大爆笑!!!

こいつらまじかわいいわ。

P1030381P1030383

なんだかんだ、結局コロンボについたのは1時過ぎ。

そこからもホステルで翌日帰国予定のしょうじくんを囲み、みんなでお酒を飲む!!!

これもめっちゃ楽しかったな~。

何か色々詰まった一日だった。

これはうちらのフォーメーション!

P1030388

| | コメント (2)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »