« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて36~

『選手達のテンションの高さ』

2月14日土曜日、バレンタインデーだ!!!

どんちゃんがバレンタインデーなんか思い出させるから、少し憂鬱になっていた自分。

去年のバレンタインデーは何してたっけ??

この日もアジア交流会のメンバーと合同で練習に励む選手達!

気付いたんだけど、いつもよりも練習中声出てるし、走るし、テンション高くねー!?

と思いつつ、一生懸命やっている野球小僧達に嬉しくなっていた。

P1030135P1030113

一生懸命やってるやつはみんなかっこいい!!!

輝いている!!!

今を生きている!!!

そんなことも感じていた。

この日の練習内容はアジア野球交流会の選手達に任せて様子を見ていた。

やっぱり、日本人が一杯いるっていうのはすごく頼もしくて、一人では教えれないことを教えれる、見せれないものを見せることができる。

それってめちゃめちゃ強みだって思った。

特に野球のレベルがまだまだのこの国では日本人のプレーはものすごく価値のある見本になる。

そこから学んだことと、スリランカ独自で発展したことが混ざってマッチしたら、めっちゃ面白いチームができるんじゃないかって思った!!

P1030109P1030138

この日はバレーボール隊員のカルナンギも駆けつけてくれて、練習の手伝いをしてくれた。

いつもありがとう!

選手達もめっちゃ感謝してる!

それにしても午前も午後も暑さに負けずに野球をしてる選手達を見てると気持ちいい!

テンションが上がりすぎて、調子にのる選手にはしっかりとしめていきましたが笑

二日目もめっちゃ内容のある、大きな一日だったなぁ。

P1030218P1030169

練習後、沢山荷物を抱えながら宿へ。

けいさんとどんちゃんとカルなんぎとヨシオと宿に向かっていると、途中の家に可愛い子供が。

癒されるね、スリランカ人てめっちゃフレンドリーで温かい。

たまには近すぎてめんどくさいときもるけど・・・・あれ、いつの間にかスリランカ好きになってた。

そんな感じです。

最初は日本にすぐにでも帰りたかったのにな~。

P1030219P1030175

とりあえずゲストハウスの近くにあるビーチで思ったことを書いた。

P1030155

うなぎ食べて~!!!!!

| | コメント (2)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて35~

『海を越えてやってきた、サムライJAPAN』

2月13日金曜日(あ!13日の金曜日だったんだ笑)、舞台はマータラ、ルフナ大学。

腰の痛みも大分ひいたとはいえ、4時間のバス移動は病み上がりの腰には結構効いたけど、それ以上に期待と楽しみに心がウキウキしていたのでそんなことはへっちゃらだった。

その理由は、以前からお付き合いのあるアジア野球交流会会長の後藤さん率いる、日本のチームがこの日から三日間、ナショナルチームと合同練習及び練習試合を行う予定だからだ。

俺だけでなく、ヨシオもナショナルチームの選手達もめっちゃ楽しみにしていたこの日。

どことなく選手も落ち着かない様子。

それは俺も一緒だった。

何せ、日本からチームが来るのだから、大きな出来事になることが間違いなかったから。

そして、午後一時ぐらい、アジア野球交流会の後藤さん及び選手達が到着!

第一印象は・・・・みんな白い!!!!!

スリランカの生活に慣れてしまったせいか、やたらと白く見えた。

そして、フレッシュな面々。

それもそのはず、殆どが大学生、20代前半だからだ。

「わけ~し、白いな~!!」そんなことをヨシオと何回話したかわからない。

そして、後藤さんとも久しぶりの再会!!

懐かしいはずなのに、つい最近まで一緒にいた感じ。

でもすごくテンションが上がる!

そんな中練習開始。

アップは全員で。

P1030114_2P1030133P1030124

いつも以上に声を出し気合を入れる選手達。

「いつもそのくらいの元気よさでやれよ!!」と思いながらも、楽しそうな選手達を見て俺も嬉しくなる。

この日の練習は学生達に任せて、様子見。

結構ナショナルチームの選手も日本人に負けないくらい上手くなっていることを実感。

でもやっぱり日本の選手はモーションが速かったり、動きがしっかりとしていたりするので、選手達には相当いい刺激になった!!

普段は見せられない連係プレーは選手達の目に焼きついたようだ。

交流会の選手達もナショナルチームの選手達の身体能力の高さに驚いていた。

荒削りだけど、確かに肩は強いし、手足が長いからボールを前でリリースできて伸びる球が投げれる。

アウトサイドにも手が届く手足の長さはかなりの利点だ!と交流会の選手達も言っていた。

P1030128 

同期のふるさん、サリーを着てどんちゃんも練習を見に来てくれた。

特にふるさんは初めてスリランカ野球を見たのだが、思った以上に野球になっていてびっくりしていた!

どんちゃんは日本人の白さに大興奮笑

気持ちわかります!!

だって学生、フレッシュなんだもん!!!

練習の後半は日本人、スリランカ人の混合チームを作り練習試合!

言葉が通じなくてもしっかりとできるもので、選手達ものびのびと野球をやっていた!!

ダブルプレーを普通にとったりするのを見て、ふるさんも思わず「すごいじゃん!」。

そうです、4ヶ月前まではダブルプレーとるイメージがわかないくらいのチームだったけど、彼らは確実に上手くなった!!

選手達の成長に少し感動。

練習してれば上手くなるんだな。

そして1日目無事終了。

アジア野球交流会の選手達は24時間以上の飛行機移動、その上睡眠も2時間くらい、ダメ押しにこの日は天気もかなりよく炎天下の中、本当に頑張って指導してくれた。

ありがとうございました!!

P1030172

2日目にも期待しつつ、俺とヨシオ、ふるさん、どんちゃんはふるさんの知り合いのゲストハウスへ。

めっちゃ美味いパスタを食べました!!

相当美味かった!!!

P1030136P1030134P1030148

疲れていたせいか、飯を食べてすぐに寝てしまったのでした。

2日目も楽しみ!!!!

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて34~

『意外と上手い・・・・』

2月12日木曜日、今日はしっかりとマッサージをしてもらうべく前日来た病院へ。

選手はマヒンダで練習。

一刻も早く万全の状態にするためにも、しっかりとマッサージをしてもらおう!!

しかし、この国はスリランカ。

ちょっと信用できない。

いや、日本だって同じなんだろうけど、でもスリランカは何が起こるかわからない。

一抹の不安を心に持ちながら、マッサージ。

最初は電気を流す機械を使う。

それがめっちゃ熱い!!!

絶対加減を間違えてるので、思わず「ラスネイ!!(熱い!!)アドゥカランナ!!(弱くして)」っと訴える。

一応調節してくれたのだが、まだ熱い!!!

でももうめんどくさくて我慢。

その後のマッサージ。

マッサージもちょっとこえ~と思いつつ、やってもらうと意外と気持ちいいし、上手だった。

ただくすぐったくて笑ってしまう場面もあったけど、終わってみれば体が軽くなっていたし、痛みも和らいでいた。

さすがアーユルヴェーダのある国。

しっかりしたマッサージができるんだな~と感心感心。

満足のいく結果でした。

これで明日の練習からはしっかりと参加できるぞ!!

と意気込んでいたところ、ヨシオに「無理は禁物!!」と注意されたけど、野球がしたくてしたくてうずうずしてる気持ちは止まらない!!!

次の日の野球の練習が楽しみで仕方がなかったのでした!!!

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて33~

『腰は大事』

2月11日水曜日、今日は練習の日。。。。

しかし、腰が痛くて、しっかりと治して方がいいとのことなのでスポーツ省が運営している、スポーツ関係で起きた怪我に対する専門病院に行くことに。

しかし、この日は医者が全員バレーボールの大会に出払っていて誰もいない!!

あいよ~、そんなことあるの??

次に医者がやってくるのは明日木曜日。

仕方なく、木曜日に出直すことに。

選手達にはマヒンダのグラウンドで練習してもらっていました。

すまんみんな!!!

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて32~

『調子がいい時こそ調子にのるな!!』

2月8日日曜日、練習場所はモラトゥワ大学のグラウンド。

広くて、比較的状態のいいモラトゥワのグラウンドは練習していても試合をしていても気持ちよくできるから大好きだ。

最近はずっと調子がよかったし、この日も肩の調子は万全。

アップではガンガン走っていたし、キャッチボールから遠投をビュンビュン投げていたし、体のキレは抜群だった。

午後からJICAのクロスロードの取材の方が来るとのことだったので、午前から試合形式の練習をすることにした。

俺も投手として登板。

結構球は走っていたし、肩の調子も良かったし、気持ちよく投げることができた。

やっぱり、まだまだ野球選手なのだろうか、選手とこうして一緒に野球をすることがすごく楽しい!!

P1030017

犬もいい天気に日向ぼっこ。

P1030008

午後に入る前に試合形式を中断して、休憩。

お昼を食べて、午後に向けてアップ。

体の調子が良かったので、いつもはめったにしない個人ノックをヨシオに打ってもらう。

足を動かし、膝を曲げ腰を落として、いい調子!!・・・・といきなりグギって音と共に激痛が走る!!

やってしまいました、腰を。

相当な痛み。

歩くのもままならないくらい痛い。

実は腰をやってしまうのは3回目。

2年に一回の周期でやってくるんです。

日本にいた時に医者に見てもらった時に聴いた話によると、踏み込むほうの足側の腰にある筋肉だかなんだかが緊張して炎症を起こすのだそうだ。

でもこの痛みにはなれない。

歩くことや座ることさえも容易じゃない。

この日は練習を4時半に切り上げ、すぐに病院へ。

でも病院での処置は、見て痛み止めを出してくれただけ。

その日の夜は地獄を見ることに。

トイレに立つことさえできない!!!!

それから4日間、安静にする羽目になりました。

ここから学んだことは、毎日の体のケアはしっかりとし、無理はしないということ。

あの痛みは一生忘れられない。。。。

| | コメント (2)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて31~

『暑い時こそ野球日和』

2月7日金曜日、天気は前回の練習に引き続き、晴天!

いじらしいほど太陽がギラギラと照らす中、この日もバッデガマで練習を行った。

といっても、今日は前回の練習で使ったグラウンドから、約200メートル離れたグラウンドに練習場所を移し、午前中は守備練習とバント練習を中心に行った。

このグラウンドは芝もしっかりとしてるし、グラウンドも凹凸が少ないため、野球をするにはもってこいのグラウンド。

しかし、片面の広さがなく、その置くには建物があるためバッティング練習はできない欠点がある。

でも臨機応変に練習をするのは当たり前、バッティング練習ができなければTバッティングをガンガン打って、守備練習やバント練習を増やせばいい!!!

いつもよりもいいグラウンドに気持ちよく練習に励むことができる。

やっぱり、野球をする上でグラウンド状態ってのは本当に重要だと、スリランカに来て改めて感じた。

P1020867

それにしても、自分はつくずく守備練習が好きだと思った。

バッティングも好きだけど、華麗な守備を見たりするのが好きだ。

もちろん華麗な守備をする選手なんてスリランカナショナルチームにはいないのだけれど、でも確実に守備が上手くなっていく選手を見ていると、ものすごく嬉しいし、やっていた甲斐があったな~と思う。

練習が始まったばかりの頃はダブルプレーをとるイメージがあんまり沸かなかったけど、今は全く違う。

彼らは確実に上手くなった!!

P1020892_2P1020902P1020931

この日の練習は午前中で終了。

ていうのは次の日はモラトゥワで練習があったので移動しなければならなかったのである。

一つのグラウンドでできないのは大きな問題だけど、でもそれでも負けずにやっている選手を見ていると、感動する!!

俺はこいつらと全力で突っ走って行きたい!!!!

P1020930P1020957P1020945

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて30~

『バッデガマ』

2月6日金曜日、早朝4時に起きてペターへ向かう。

練習場所のバッデガマに向かうためだ。

バスに乗り込んだのは4時40分頃。

当然人はがらがら。

よしおと話しながら過ごしていると、ちらほらと人が乗ってきた。

5時過ぎ、バスがようやく出発。

目的地はヒッカドゥワ。

ヒッカドゥワで降りてから、ノーマルバスでバッデガマへ向かうためだ。

バスに乗っている間は殆ど睡眠。

だって寝たのは深夜2時半。

1時間半しか寝てなかったから。

でも、こういう移動はもう慣れたので全然苦にならない。

暫くして起きると、もうすぐヒッカドゥワの辺りへ。

しかし、通勤時間帯とぶつかり、ゴールへ向かう人達に囲まれバスは混雑していた。

そしてヒッカドゥワでは結局降りることができず、仕方なくゴールへ。

ゴールからなんとかバッデガマへ練習開始時間前に到着。

朝食を食べ、そして準備をする。

ヨシオは久しぶりのスリランカでの野球だ!!

P1030087

選手とヨシオの初対面。

ヨシオのことを知ってるのはアミラとネランカだけで、残りのメンバーは誰も知らない。

しかし、そんなことは関係なし!

すぐにヨシオと選手は壁を崩し、練習!!

ヨシオのノックにも熱がこもった!!!

お陰で、ノックを打たなくて済み、楽だったのは自分・・・・なわけなく、こんな時だからこそ、各ポジションに行き、選手に細かいアドバイスや指示をしたり、いつもはできないような指導ができた。

やっぱりコーチが二人いると幅も広がるんだな~。

ところで、バッデガマのグラウンドは雑草がひどい。

ボールが草むらに入ると、探すのに手間どう、そんなグラウンドです。

しかし、広さはまあまああるし、グラウンドも泊まる場所もただだし、そう考えると、うちらには十分なグラウンド。

練習できる喜びをかみ締めながらの一日でした。

夜はヨシオと昔の話やナショナルチームの話で大盛り上がり。

いつもは一人寂しく寝ているけど、会話ができるし退屈な夜にはならなかった。

たまにはいいね。

バッデガマの宿泊施設は大きさ十分、広さ十分、水もあるしトイレもある。

だから設備自体は十分満足。

でもベッドやマットレスがないので走り高跳びのときに使う大きいマットの上で選手は寝てました。

自分達は小さいマットの上。

硬いから起きたら体が痛い、痛い笑

部屋は蚊が入り放題、床ではアリやムカデなどの小さな虫がうようよしてる。

寝る前に蚊取り線香4つ炊いて、これでもかってくらい、蚊対策。

結局蚊に襲われることはなく寝ることができた!!!

これは大事なことです。

スリランカの蚊はタフだからな~。

バッデガマで生活したことによって、またもやたくましくなったのでした!!!!

P1030101P1030104P1030106

| | コメント (3)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて29~

『ヨシオ参上』

2月5日ナショナルデーの翌日、これから暫くは練習することになるであろうバッデガマでの練習。

バッデガマってどこ??って思う人が沢山いると思う。

ゴールから内陸に1時間ほどバスで入っていくと着く田舎町だ。

実はバッデガマには一度だけネランカと野球関係で来たことがあった。

その時は二度と来ることはないだろうと思っていたけど、まさかの舞い戻り!!!

縁があったんだな・・・・

グラウンドは雑草やがたがたで不便なことも多いけど、ただで泊まる所もあるし、グラウンドもただだし、ジムもあるし、住めば都!!

俺達には十分、贅沢は言ってられない!!!

この日は日本からヨシオが来る頃になっていたので、俺は

一人コロンボへ向かう。

ヨシオって誰??って思う人もいると思うが、ヨシオとは一年半前スリランカに俺を訪ねてやってきて、スリランカ野球と関わり、その魅力に虜にされてしまった高校の同級生だ。

俺もヨシオに会うのがすごく楽しみでこの日は落ち着かない。

コロンボに向かうバスの中でも、色々なことを考えながら、そしてコロンボについてからも家で色々考えながら、あっという間にヨシオの着く時間。

久しぶりの再会!!

ヨシオ参上!!!

P1030082

前回はアフロヘアーだったけど今回は頭を丸めてきた。

相変わらず元気そうで本当によかった。

またバッデガマに朝早く戻らなければいけなにのに日本のことやその後のことなど、長々と話をして盛り上がった。

またヨシオが沢山の救援物資を持ってきてくれた。

これに協力してくださった方々、よしお本当にありがとうございます!!!

P1030086_2P1030085_2

| | コメント (2)

またか~。

今日、ナショナルチームの選手一人がチームを離れた。

ペニ。

せっかく18人揃ったと思ったらまた17人に。

一人補充はどうなるかは検討中。

セレクションにきたメンバーから選ぶ予定だけど、こうも選手の入れ替わりが激しいと、せっかくの練習してきた日々ももったいない。

今度こそ18人きっちり練習に揃ってくれー!!!!

| | コメント (0)

あれから一年・・・・

マリンダ達が自爆テロで亡くなって早一年。
去年は、悲しいニュースに打ちのめされながら、ラナビマローヤルのホステルで一夜過ごしていた。
あの夜は何か怖くて、寝れなかった記憶がある。
近くに亡くなったマリンダがいるような気配を感じていた。
結局殆ど寝れずだった。。。。
初めての経験と初めての悲しみに、どん底に落とされていた。

思えば今のナショナルチームのセレクションを兼ねた大会だった。
全ての選手がクラブ選手権優勝とそして多くの選手がナショナルチームに選抜されることを胸に一生懸命白球を追いかけていた。
マリンダもその一人だ。

ナショナルチームは今動いている。
それは選ばれた選手だけでなく、スリランカの野球選手全ての期待を背負って。

勝ち負けよりも大事なこともあるかもしれない。
でも勝ってマリンダに報告したい。
「俺達はやった!!!」と・・・・
勝つためには一生懸命野球に取り組むことだ。

俺達は決して諦めない。
最後まで戦い抜く。
そして、スリランカに優勝という栄冠を持ち帰るんだ!!!

| | コメント (2)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて28~

『セレクション3』

2月1日日曜日、もう2月か。

時が経つのは早いな。

なんだかんだで2月。

大会まで残り50日を切ってしまった。

前日に引き続きウェリガマでの練習。

そして練習を兼ねて最終セレクションの日でもあった。

この日、セレクションに来たのは6人。

そのうち2人が選ばれて18人が決定される。

何回セレクションやってるんだよ!!!と言いたくなるけど、途中で辞退したりと色々あったから仕方ない。

過去は振り返るな。

今を全力で!!!

結果、イングランドから戻ってきたアカランカと3回目のセレクションに挑戦したスバッシュが選ばれた。

これで揃った18人!!!!

この日はJICAのバレーボール隊員のけいさんが練習に駆けつけてくれた。

けいさんにノックを打ってもらったので、自分も選手達をよく観察することができた!!!

ありがとうございます!!

P1030051P1030056

さあ、気合入れるぞ!!!

熱く熱く行きましょう。

人生一度きり、熱く生きないでどうする!!!!

そんな感じで盛り上がって行こう!!!!

P1030061P1030054

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて27~

『SLGBP』

1月31日土曜日、練習場所は久しぶりのウェリガマセナヤーヤカグラウンド。

この日は最初にやることを決めていた。

それは選手に気合を入れて引き締めること。

叱るのは本当はあんまり好きじゃない。

誰だってそうだと思う。

でもそれが俺の役目でもあるし、チームを強くするのに必要不可欠。

ナイナンカダという選手がいる。

彼は、二回目のセレクションで合格してチームに加わった、19歳の期待の星。

P1020995_2P1030021_2P1030029

しかし、前回の練習で無断欠席。

欠席した練習後一週間の間も全くの連絡なし。

そんなことでどうする!?

連絡を入れるということは最低限と何度も何度も言ってきたのに。

この日、選手の前でナイナンカダを引っ叩いた。

選手もそれを見て顔が強張ったのが伺えた。

一つ気がかりだったのが、それに対するスリランカ人の反応だ。

でもそんな心配は取り越し苦労だった。

他の選手も、当の本人も悪かったことは自覚しているらしく、プレーにも態度にも悪い変化がなく、むしろハツラツと野球をしているではないか!!!

自分はそう思う。

それに応えてくれた野球選手達!!

叩けば響くこの選手達のためにも、自分の持てる力を全部出して、もっともっと全力で熱く

野球をしていきたい、そう思った。

帰りのバスで追い討ちに感動した。

帰りのバス中、選手の方をみると、ナイナンと目が合った。

ナイナンは何の躊躇もなく、俺に笑顔を向けてくれた。

なんて素晴らしい奴らなんだ!!!!!

まさしくSLGBP!!!

Sri Lanka Good Baseball Players!!!

こいつらのためにまじで全力で駆け抜けよう!!!!!

P1030032P1030054

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »