« ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて24~ | トップページ | ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて26~ »

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて25~

『投打に粘りを』

1月18日日曜日、練習場所はモラトゥワ大学。

全部で13人の選手が集まりました。

依然、18人集まらず・・・・

毎回同じことを言ってる気がする。

この日も天気は最高によく、野球日和でした。

そういえば最近は全然雨が降るのを見ていない。

練習にも支障をきたさないし、ラッキーです。

前半は守備練習を思いっきりやって後半は自分とマリンドゥ(お手伝いに来てくれている選手)も混ざり3チームに分け試合形式を行いました。

アミラとポー二と自分は投手だけをやり、バッティングには参加せず、ローテーションで投げ、残りの12人を3チームにわけ、3アウト交代で得点を競い合わせました。

こうやって試合形式をしてみると、このチームに足りないものは何か見えてくることもあります。

まず、投手にしても打者にしても粘り強さが足りない。

簡単に三振してしまうし、簡単に打たれてしまう。

打者ならば追い込まれたら、何が何でもバットに当てる気迫と粘り強さが欲しい!

でも今のチームを見てると、ちょっとタイミングをずらされたり、速いボールが来ると簡単に空振りしてしまうのがよく目に入ります。

「粘り強さ」、今後の課題です!!

もう一つ目に付くのがランナーの暴走。

何でもかんでも盗塁します。

そして刺されます。

スリランカ国内の普通の野球の試合だと結構盗塁し放題なので、その癖が身についているのでしょう。

とにかく走りたがります。

足が遅くても走ります。

当然ナショナルチームのキャッチャー達はそんなに肩が弱くありません。

いいボールがいけば刺せてしまう。

また例えばランナーが一三塁のケースでキャッチャーがセカンドスローをする時に三塁サンナーがホームを狙うこともありますが、中途半端なことが多いです。

足が遅いやつに限って、真ん中くらいで怖気づいて挟まれてタッチアウト!!

アパラーデ!!!!!

走るなら走る、走らないなら走らない、その判断がまだまだです。

当然守備側もそのスティールを予測しての守備を行うので、スリランカのちびっ子野球のように思っていては全然。

でもまだ中にはそういう選手がいるのが現状です。

うーん、練習あるのみ。

|

« ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて24~ | トップページ | ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて26~ »

JOCV青年海外協力隊」カテゴリの記事

コメント

hi it is so nice that we have are national baseball team. i to play base ball in my home town. it is 20years in japan. and i love the game. i wish for the future for base ball in sri lanka.

投稿: renps | 2009年1月25日 (日) 12時05分

Thank you for your comment.
We hope we will win the first prize in Asian Cup and will develop Sri Lanka baseball.
We do our best!!!

投稿: URUSIX | 2009年1月29日 (木) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて24~ | トップページ | ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて26~ »