« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて⑭~

『基本練習をこつこつと』

11月23日日曜日、この日もアローシアスのグラウンドは水浸しで使えず、しかもリッチモンドのグラウンドは前々から予約されていたので使えず、リッチモンドのグラウンドの裏にある、小さなグラウンドで前日と同じく、Tバッティング、一列ノック、投手はピッチングを行いました。

この日は、JICAのバレーボール隊員けいさんとソーシャルワーカーのナホノーナと、前日に引き続き素直さんが駆けつけてくれました。

JICAの隊員が手伝ってくれて毎回助かっています。

けいさんはノックを何百本も打ってくれました。

けいさんも、哲さんみたいに野球チームのコーチをしてくれたら・・・・なーんて期待もしてしまうくらい、熱心に選手の練習に手伝ってくれました。

ナホノーナも、素直さんの応援も選手達には大きな励みとなって、一生懸命練習していた思います。

いつもいつもありがとう!!

この日はノッカーが一人増えたことで、投手のピッチングをじっくりと見る時間がありました。

どの投手もそれぞれの個性があり、期待ができます。

アミラ、チンタカ、マーラン、シャーリタ、ナウィーン。

この日特に注目したのはマーランでした。

P1020493P1020496

スリランカチームの右サイドスローです。

彼の投球を見ていると、身体強さ、バネを感じます。

まだまだ球速は速くなるはず!!

そのためにも、厳しい練習を課していこう!!

ナショナルチームが発足してから、基礎練習を繰り返し繰り返し行ってきたお陰か、確実に選手達は上手くなってきています。

ただどうしても上手くいかないのがバントです。

殆どやることもないバントをいきなり上手にやれというのが無理な話だとは思いますが・・・・

もっともっと練習練習!!!!

午後には午前中にクリケットをやっていた選手たちも帰って行き、広い方のグラウンドが使えるようになったので、守備練習をみっちりと行いました。

今までで一番ミスが少ない守備練習ができたと思います。

これから彼らに必要になってくるのは実戦だと思うので、できるだけ練習試合を組み込んでいきたいと思っています。

スリランカの大学のトーナメントが1月開催されるため大学が練習をし始めているので、彼らと練習試合を組んでいきたいです。

試合で課題を見つけ、そして更なる上達を!!

今後も楽しみなナショナルチームに注目です!!!

P1020483P1020486P1020488

| | コメント (4)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて⑬~

『新メンバー加入』

11月22日土曜日、練習はゴールのリッチモンドで行われました。

最初はアローシアスのグラウンドで行われる予定だったのですが、前日の大雨により、アローシアスのグラウンドは不可能、急遽リッチモンドに掛け合ったところ、使用許可を得ることができました。

リッチモンドの校長や先生、コーチはすごく協力的で、毎回助けられています。

もちろんアローシアスにも助けられています。

ゴールの人たちはすごく温かいし、スリランカの第二の故郷のように親しみ慣れた土地です。

こうして、泊まる場所が確保できたり、練習場所が確保できることに感謝を感じつつ、練習をしていきたいですね!

忘れてはいけない、『ありがとう!』の心。

大会で優勝することが最大の恩返しです!!!

さてさて、ナショナルチームに新たなメンバーが加わりました。

名前はナイナンカダ。

P1020472

※右で体育座りしているのがナイナンカダ。左でトレーニングしてるのはチンタカ。

みんなにはナイナンと呼ばれ親しまれている選手です。

ナイナンはキングスウッド出身。

去年はAAAの代表になった選手です。

そう、年齢は19歳。ペニと一緒ですね。

守備には定評がある選手で、セカンド、ショート、サードと様々なポジションをこなします。

非常に大人しい選手であまり騒いだりしない、ポーカーフェイスな選手です。

この日も守備練習では早速器用なグラブ捌きを見せてくれました。

今後練習をすればまだまだ伸びていく、期待の選手の一人です。

新たにナイナンを加え、この日は13人で練習がスタートしました。

多少グラウンドには水溜りがありましたが、守備練習やサインプレーなどある程度のことができました。

ただ、ボールが湿ってすぐに重たくなってしまい使えないボールがいくつも出てきました。

ボールが足りないのもナショナルチームの抱える問題の一つです。

午後からは大きいグラウンドでリッチモンドの学校内の野球の大会があったので、大きいグラウンドは明け渡し、小さい裏のグラウンドでTバッティングや、一列ノック、フィジカルトレーニングを行いました。

体を震わせながら耐える姿を見ていると、高校時代を思い出します。

今は、やらせる立場にいるということが少し変な感じもしつつ、楽しみながらトレーニングをさせました。

鬼です。

選手達にとって地獄だったかもしれません。

でも一つ一つの積み重ねが、必ず大きな結果となって返ってくる!!!

そう信じてトレーニングに取り組んで欲しいものです。

できれば一回やったトレーニングを覚えたら自主的にやれる、そんな選手が望ましい。

そうなることを期待しつつ、頑張っていこうと思います!!!

P1020469P1020471_2P1020467

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて⑫~

『打線爆発!初試合は好発進!!』

11月16日日曜日。

雨季にもかかわらず天気は相変わらず良好。

この日はリッチモンドのグラウンドでリッチモンドのU-20との練習試合が行われました。

リッチモンドのU-20は去年のU-19の大会のチャンピオン、今年のU-20の3位のチーム。

そしてメンバーの中には去年台湾で行われた、アジアAAAチャンピオンシップのメンバーが4人いるのでなかなかの強豪です。

本来ならその中にいるサンカルパヤ、サミーラなどの選手もナショナルチームにいてもおかしくない実力の持ち主でしたが、それぞれの家の都合でセレクションに来れなかったのです。

さて試合は、ナショナルチームはアジアカップのルール同様木製バットを使い、相手のリッチモンドは金属バットを使いました。

前日、スタメンはすんなりと決めて寝ることができたました。

大学生時代、学生監督をしていた時は、かなり悩んで寝れないときもありましたが、今回はすんなり決めることができました。

試合前に20点差つけると意気込んでいた選手達。

いざ試合が始まってみると、初回2点を先制するものの2回を終わって2-1。

到底20点差なんてつけれる展開ではありません。

先発のアミラは一回二回と相手にいい当たりを打たれていました。

また、イレ込み過ぎのせいで、力みすぎ球が上ずり、配分も何もありません。

カウント2ストライク追い込んでいた打者に対し、四球を与え、簡単なピッチャーゴロをセンターへ抜かして、一点を謙譲。

与えなくてもいい点数を与えてしまいました。

打線も簡単に打ち上げる場面が多く、すごく単調でした。

2回を終わったところで、円陣を組みました。

「お前らは20点差をつけると言っていたけど、口だけか?このままじゃアジアカップでメダルどころか、一勝もできないぞ!!お前らの力を見せてみろ!!」

「一番いい投手がこんなイージーミスをしていたら勝てる試合も勝てない。普通の投手なら5回3失点でもいいかもしれないけど、チームのエースを目指すのなら、それでは不十分。9回を危なげなく投げれる投手にならなきゃダメだ!」

そんなことを強い口調で言いながら、活を入れ、3回の攻撃へ。

その直後、それまで打ち上げていた選手達がライナーを意識したお陰か、打線爆発。

この回に一挙7点を上げ8対1に。

その後も点数を重ね、終わってみれば21対2の圧勝。

20点差まであと少しでしたが、それぞれの選手がいい当たりを打って結果を残してくれたので、一応合格点。

試合中、バントやエンドランも混ぜて攻撃しましたが、バントは一応成功。

サインミスはシャーリタが一回ミスをしましたが、その他のメンバーはミスなし。

アミラも尻上がりに調子を上げ、その後は失点も許さず6回1失点でした。

アミラ降板後はチンタカがマウンドに上がりました。

最初のイニングにエラーなども重なり、一点を失いましたが、その後はヒットを一本も許さず3回一失点。

まずまずのできです。

不安に思っていた守備はエラー二つ。

しかし、記録に残らないエラーも当然あります。

フライの追い方だとか、捕球の仕方などです。

逆にダブルプレーをとったりといい面も見ることができました。

特にキャッチャーのネランカはパスボールゼロ。

全て体で止め、見に来ていたJICAの仲間もネランカを大絶賛でした。

間違いなく順調に育っている選手達。

今後が楽しみです。

試合終了後、試合の反省、今後の課題の話をし、100メートルダッシュを10本走らせこの日は帰路に着いたのでした。

P1020438P1020449P1020446P1020444

| | コメント (5)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて⑪~

『やっぱり数を振ることが大切!!』

1115日土曜日は、練習場所をウェリガマからアローシャスというゴールにある学校のグラウンドに移し、練習を行いました。

グラウンドはウェリガマに比べ大きいし、芝も凸凹していない、いいグラウンドです。

欠点といえば大きな川が流れているのでボールがそこに飛び込んでしまうことがあるということと、元々はラグビーメインに作られたグラウンドなので形が縦長で、片面がどうしても狭くなってしまいます。

それでも練習するのにはあまり問題のないグラウンドだし、何よりもいつも泊まらせてもらっているアミラの家から近くて移動がすごく楽なのが魅力的です。

この日は、翌日の日曜日に練習試合をすることが決まっていたので、多くスイングさせることを目的にバッティング練習をいつも以上に行いました。

Tバッティングをガンガン打たせ、フリーバッティングもいつもの2倍打たせました。

バッティングの好きなスリランカ人にとっても楽しい練習だったに違いありません(多分)。

最初の頃の練習に比べるとスイングも鋭くなったような気がします。

選手達には必ず毎日素振りを100回以上するように伝えてあるので、その成果も出てきているのではないかと思います。

回数を徐々に増やして、もっともっとスイングスピードが上がったら、強力打線になることは間違いない!!

彼らに期待です!!

この日、もう一ついいことがありました。

それはマーランがやっと練習に合流できたことです!

P1020419_3P1020421

オーストラリアに行くことが決まっているので、それまでのきかん一緒に練習して、あとはオーストラリアから駆けつける形になると思います。

オーストラリアにはヤサスというキャッチャーがいるので、野球チームを紹介しもらい、オーストラリアで練習を続けていく予定です。

今まで、通っている学校の都合で練習に参加できなかったとは言え、練習に全く参加していなかったので、まずはグラウンド30周走ってもらいました。

きついとは思うけど、頑張れ!!!

疲れた様子ながらも、しっかりと走っていました。

マーランの素晴らしいところは、練習に参加していなかったことを自覚し、道具の片付けや、水汲みを何も言わず積極的にしていたところです。

これは他の選手も見習ってもらいたいものです。

マーラン、俺は見ていたぞ!!

午後の練習ではサインプレーの確認をしました。

日曜日にあるリッチモンドとの試合では、基本的には打たせていこうと思っていましたが、バントやヒット・エンドランも試そうと思い、いつも通りサインプレーの練習を取り入れました。

バントの失敗はある程度は仕方ないと長い目で見ていますが、サインの見落としは最悪!!

失敗した分は、しっかりとペナルティを。

最後の練習は100メートルダッシュ10本!!

もちろん叫びながら!!!

気持ちよく?練習を終わることができました。

練習終了後、みんなで道具を片付け、アミラの家に帰宅しましたが、ここで問題発生!

この日、ゴールの水道がストップして水が出ない。

スリランカに来て本当に感じる、水の大切さ。

特にシャワーを浴びれないのはきつい。

家で水が出るのを待っていましたが、暫く経ってもでないので、ネランカの家の井戸に水浴びをしに。

久しぶりの屋外水浴びは、少し冷たかったけど、気持ちよかった~。

P1050008

こんな経験できるのも、途上国ならではの醍醐味!!!

幸せな一時でした。。。。

P1020422P1020427P1020430

| | コメント (2)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて⑩~

『いつでもどこでも歌を歌って。。。。』

11月14日、この日の練習は前回同様のウェリガマセナナーヤカグラウンド。

この日は金曜日ということもあり、集まったメンバーは全部で9人。

そのうち、ペニは前回の練習で足を負傷したため、この日は練習のサポート。

雨季のくせに太陽ギラギラ照らしつける陽気、野球日和って言えば野球日和だけども、容赦なく体力を削っていきます。

少人数なだけに選手達一人ひとりの練習量は増えるけども、その分すぐにバテテしまって、しっかりと休憩を入れて、水分捕球をしていかないと、逆に効率が悪くなっていまいます。

この日は守備練習とバッティングを含めたサインプレーの練習のみを午前中で行いました。

内野手は前に出ずに待って捕ってしまう癖があり、そのせいでバウンドが合わなかったりということが多いので、いつも基本は前に出てきてとることを必ず言っています。

外野手は球際のボールキャッチをもっと確実にして欲しいことと、早めに落下点に行き、後ろから捕球することをもっともっと定着させていかないといけないと思います。

まだまだ直すべき点があるということは上手くなるということ!!

また、バントは決して上手とは言えませんが、でも徐々にうまくなってきていることは確かです。

一応選手達にはバントやヒット・エンドランなどの基本戦術は教えてはいますが、まだまだ試合で使えるというレベルではないですが。

練習をするごとにレベルアップしていってくれれば、きっと試合で結果が残せるでしょう!

午後はグラウンドの都合と人数が少ないこともあり、ビーチトレーニングを前回と同じくウナワトゥナで行いました。

荷物もあったので、この日は鉄道で移動。

線路の上を歩くときも、電車の中にいるときも常に歌い続ける選手P1020398達。いい感じです。

P1020403

ビーチでは、スクワット100回、砂浜ダッシュ30本をやらせ、あとは自由に海で泳がせストレス発散!

そんな一日でした。

P1020383P1020393P1020396P1020416

| | コメント (0)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて⑨~

『たまには息抜きを。眩しい太陽の下、ビーチトレーニング』

昨日の練習からダラダラ感を引きずらないために、思い切って選手に息抜きの時間を与えることにしました。

でもただでは息抜きさせません。

午前中はみっちりと練習するという条件を出し、それをきっちりこなした時のご褒美みたいなものです。

いつものようにウォームアップをさせて、守備練習。

守備練習終了後は、捕手、内野、外野にわけての練習。

そして、一人ひとり呼び出し、Tバッティング100本打つという形です。

内野手は一人100本の個人ノック。

外野手は一人連続50本。もちろん左右にガンガン振ってのノック。その後は左右真ん中に選手を置いてフライを捕るという練習。

相当走らせました。

キャッチャーは体でバウンドボールを止める練習を練習終わりまで!

誰一人として楽な練習ではありません。

でもなぜそんなに分けてできるのか?

それはまたまたJICAの仲間が沢山駆けつけてくれたからです。

全部でJICA関係者11人いました。

Img_1292_2Img_1289Img_1291Img_5612Img_5690

前日も来てくれた、りょうさん、黒須さん、カルなんぎ、あゆ、ももさん。

さらに以前来てくれたことがある、モルと素直さん。

そして今回新たに、同期のシマシマノーナこと原島隊員、同じく同期のひできちこと坂元隊員、バレーボール隊員のけいさんこと佐藤隊員です。

そして自分を含め11人。

昨日来てくれたドンちゃんを合わせれば総勢12人の豪華メンバー!!!

実は選手の人数よりも多かった・・・・

ていうのは前日土曜から日曜までリッチモンドでU-13の大会があり、アミラ、ネランカ、ナウィーンといった選手達はコーチもしているので練習に来れませんでした。

ネランジャンは大学の試験があるためどうしても抜け出せず、ジャヤラトゥナとマーランに関しては問題解決していないので来れず。。。。

ビマルは仕事の関係上、ナショナルチームを辞退することになったので、全部で10人しかいませんでした。

全員が中々揃わないのも大きな悩みです。

しかし、今はいるメンバーで何とかやっていくしかない!!!

個人練習は暑い日差しもあり相当きついものでした。

でもそれにもめげず頑張っていた選手達!

特に頑張っていたのは副キャプテンガンマンピラ、外野手のサミーラ、スプーン、チンタカです!

ガンマンピラはキャプテンが大会で不在の中、一生懸命声を出し頑張っていました。

内野ノックでも選手達に激を飛ばし、引っ張るガンマンピラ。

最高です!

Img_1139P1020161

サミーラは外野ノックでどんなに走らされても、全力で走りガッツを見せていました。

P1020107

スプーンは持ち前の明るさを忘れずに全力でやっていました。

P1020163

チンタカは練習に来てからは弱音を吐かず全力で頑張っています。きっといい投手になる!!

Img_1125

全ての選手が全力で頑張ってくれました。

飴と鞭です笑

海の力って凄いな~!!!!

そして全ての練習が終了!!

昨日のだらけ具合を拭い去ることができてよかった!

それにしても手伝ってくださって方々本当にありがとう!!

地元のタタというおじさんも手伝ってくれました。

ありがとう!!

Img_1285

そしてクールダウン、後片付けを済ませ、みんなでウナワトゥナへ。

友達のヨシオが送ってくれたフリスビーでトレーニングしつつ、遊びつつ息抜きをしました。

プラディープと相撲をしてんだけど、負けた~!!

悔しい!!!!

今度は勝つ!!!!

Img_1298Img_1299Img_1301Img_1311P1020223

一枚目の写真はプラディープと。

二枚目の写真は最年少ペニ。アイドル写真みたいな一枚です。

三枚目はみんなと。

最後の写真は埋められるスプーン!

めっちゃ楽しかった!!!

ウナワトゥナでトレーニング?を終え、その後一仕事。

リッチモンドにU-13の大会の決勝を見に。

優勝はなんと、嬉しくもアミラのチームDS!!

アミラも大喜びでした!!!

Img_5762

なんだか盛り沢山の一日。

ホステルに帰って爆睡でした。

さぁ、次も頑張ろう!!!!

| | コメント (8)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて⑧~

『だらけてしまいがちな暑さにも負けるな!!その心を埋めろ!!』

今回の練習場所は、やってきましたウェリガマ!

ゴールからマータラに向かう途中にある町で、海がきれいで、サーファーも集まる場所です。

ウェリガマでの初めての練習。

このグラウンドを見つけてきてくれたのは、コーサラとサミーラのウヌワトゥナコンビです。

しかし、自分自身はまだ一度も見たことがないグラウンドだったので、すごくドキドキしてました。

「グラウンド広さは?形は?地面の状態は?」

そんな不安を感じながら、到着。

着いてみると、意外といいグラウンド!!

P1020215_2

ほっと一安心!

問題は牛が数頭いることと、その糞がところどころあるところ、草茂みがすごくあるところくらい。

広さも、形も問題なし。

地面の芝も問題なし。

人が多すぎてできないこともない。

これからずっと使っていくことになりそうなグラウンドです。

一日の使用料は230ルピー。

コロンボのグラウンドに比べたら格安の価格です。

道具も置くところもサミーラの友人の友人、(結構遠い友人ですが、信用ある人らしいので)、その人の家に置かせてもらえることに。

色んな人の助けに感謝です。

さてさて、今回の練習は新たな助っ人がいました。

ヌワラエリヤの隊員、りょうさんです!!

Img_1284Img_1292

りょうさんは高校まで野球を経験。

特に自分が教えるのに困っている、キャッチャーをやっていました。

そして、スリランカ人も認めるイケメン!!

そんなりょうさんと共に練習開始!!

いつも通りのウォームアップから。

それにしてもコロンボに比べて暑い。

選手はバテバテ、ヘトヘト。

それでも午前中はみんな精一杯頑張っていました!

お昼前頃に、ウェリガマを任地としてる、ももさんこと横畑隊員とその活動を手伝いに来ていた、ドンちゃんこと川辺隊員が見学に。

新たなJICA関係者を見てテンションが上がる選手達。

単純で可愛いです笑

無事に午前を終え、お昼休みに入りました。

昼はみんなでのんびりゆっくりと食べて、そしてしっかりと休息確保!!

そして午後の練習はいつものようにバッティング練習に臨みました。

しかし、慣れてきたせいなのか暑さのせいなのかバッティング練習で少し怠け気味に。

これはイカン!!

もっともっとしめていかないと!!

かつを入れつつ、声を出しつつこの日はいつもよりも長く練習し、6時頃終了しました。

バッティング練習の後半には、野球チーム名誉マネージャーカルなんぎこと松本隊員と、和田隊員、そして新たにJICA職員黒須さんが駆けつけてくれました。

最後の円陣では、JICAの人たちがどれだけ選手達を愛しているか、どれだけの人たちが助けてくれているかを話し、そして次の日に向けて気合を注入したのでした。

それにしても監督は難しいー、そう感じる毎日です。

でも日々成長してる選手を見るとすごく嬉しくなります。

りょうさんも練習後「思ったより上手くてびっくりした。これからが楽しみだ」と話してくれました。

一番選手達を見に来てくれているカルなんぎは「最初に見たときよりも全然上手くなったね」と言っていました。

そういう言葉を聞けるだけでも嬉しいですね。

P1020217P1020221

写真1:練習後、笑顔で話す選手達。

写真2:彼女と電話で話すシャーリタ。

| | コメント (3)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて⑦~

11月2日 『人数が少なくて炎天下時はしごくのに最適な日』

金土日と三日連続の練習日の最終日。

この日は色々な事情で選手の人数が8人と少なかったため、午前のみの練習としました。

いつものように、ウォームアップを一通り終わらせ、守備練習。

一応、センター以外のポジションに選手がいたので守備練習までいつも通りこなすことができました。

天気も良く、日差しが強かったため、体力はそうとう削られる上に、人数が少なかったので動く量も増え選手はバテバテ。

でも弱音を吐かずに取り組む姿勢を見てると、やっぱり嬉しいし熱が入ります。

守備練習後は、キャッチャー練習、個人ノック、Tバッティングなど、グループに分け個々の練習をすることに。

相当追い込んでやったのでそれぞれがヘトヘトになっていました。

とどめは全員でアメリカンノック。

走り込みという機会が、日本人に比べて少ないスリランカの選手達には相当こたえたみたいで、最後はもうフラフラ。

この日はバテバテのヘトヘトのフラフラでした。

「上手くなってるぞ!!強くなってるぞ!!確実に!!」最後はそう激を飛ばしてしめました。

さてさて、いよいよナショナルチームのキャプテンが決まりました。

キャプテンはアミラ。

副キャプテンはガンマンピラです。

これは相当迷ったのですが、最終的には経験豊富なアミラに決まりました。

個人的にはピッチャーがキャプテンをやるのは・・・・とか色々考えましたが、野球協会の人達とよく意見交換して決めたので、今は納得の人選です。

副キャプテンのガンマンピラや前キャプテンのスシ、また他のメンバーがしっかりとバックアップしてくれと思うので大丈夫でしょう!!

また一歩先に進んだナショナルチーム。

今週はゴールで練習です。

先はまだまだ長いけど頑張って行こう!!!!

P1020187_2P1020185

写真1:練習後のくたくたに疲れている選手達。頑張りました。

写真2:今日手伝いにきてくれた理学療法士隊員の上保さんとの記念撮影。この日は隊員が5人も手伝いに来てくれました!!

| | コメント (4)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて⑥~

11月に入り、いよいよ帰国のことも現実的になってきています。

11月1日の昨日はナーランダで練習しました。

この日集まった人数は全部で12人。

相変わらず全員は集まりませんが、何とか練習が形にはなってきてはいます。

この日、ふと思ったこと。

練習の日が空いてしまいがちとはいえ、一回一回の練習で選手達が上手くなっている。

すごく嬉しく思いました。

もちろん課題は沢山あるのだけど、確実に上手くなってくれれば、いつかは目標が達成できると思います。

この日は、前日のサインプレーの復習と、彼らの弱点、知らないことを随時指導するように心がけました。

また午後の後半は個人練習を組み込み、それぞれの弱点克服の時間に充てました。

この時間は、キャッチャーが地獄を見ることに。

でも強くなるため、上手くなるため、そう思ってやってくれている彼らの姿にはとても感心します。

だからこっちも手を抜かず力が入る!!!

バッティングに関しては数多く振らせることを目標に、Tバッティングや素振り、バッティング練習の量を増やしています。

何人かは手の皮がむけて、相当痛そうでしたが、手の皮がむけるのは今までサボっていた証拠!

これからもガンガン振らせよう!!!!

そんな感じであっという間に一日が過ぎてしまいました。

全力で頑張ろう!!!

P1020115P1020147P1020155

写真1:昼休みの一場面。

写真2:練習後のミーティング。

写真3:この日手伝いに来てくれた、松本バレーボール隊員を混ぜて記念撮影。

| | コメント (2)

ラストチャンス!! ~フィリピンに向けて⑤~

グラウンドの問題なんて、日本じゃ考えたこともなかった。

スリランカに来てそう考えることが沢山あります。

10月31日、約3週間ぶりの練習をしました。

長期練習ができなかった理由は、グラウンドが見つからなかったことと、U-20の大会がキャンディで開かれたことです。

これだけ間を置いて練習してると、3歩進んで2歩さがる状態。

練習したことも忘れかけています。

ベストは3歩進んで1歩もさがらない。

最低でも3歩進んで1歩さがるくらいでいたいと強く思います。

残り約5ヶ月の練習期間、一日たりとも無駄にせず、一歩一歩前に進み続けたい!!!

さてさて、今回の練習が行われた場所はコロンボから空港方面に向かう途中にあるナワロカグラウンドというワッタラにあるグラウンドです。

以前、シャクティというクラブチームの練習に使ったグラウンド。

家から1時間くらいの距離なのでちょっと遠いですが、この際練習できるなら問題なし!!

8時半にはグラウンド入りしてました。

いつものようにグラウンドを走って、体操をして、キャッチボールしてと今日もウォームアップは順調!

と思った矢先に、何やらワッタラの地元の親父達が文句を言っている。

「お前達は誰の許可を得て野球をやってるんだ??」

「このグラウンドは野球には貸さない」

「これ以上やると警察を呼ぶぞ」

何だこいつらは?!

いきなり言いがかりつけてきて、久しぶりに腹が立ちました。

どうもその人達はエッレという野球に似たスリランカのスポーツの人達らしく、彼らのグラウンドが奪われのではないかという恐れや、野球に対して敵対心があることなどから、言いがかりをつけてきたようです。

1時間練習中断。

最悪、グラウンド使えなくなるかも・・・・と思いきや、しっかりとブックしていたので、結局使えることに。

何だったんだ??

そう思いきや、練習再開!!

そうそう、この日は、やっとチンタカというナショナルチームの選手が練習参加。

彼はものすごいカンメリヤー(怠け者)で今までの練習4回とも来ていませんでした。

カンメリヤーですが、潜在能力はめちゃめちゃ高い!!

練習しなくても130キロぐらいの速球とキレのあるスライダーを投げ込む投手です。

野球センスと抜群の身体能力をもっていますが、性格が問題なのです。

チンタカとはセレクション以来の顔合わせ。

早速なぜ来なかったか言い訳を言っていましたが問答無用、まずはグラウンド20週からスタート。

まだまだペナルティは優しい方でしたが、少しずつ少しずつでも彼を立派な野球選手にしたいと思います。

手のかかる子ほど可愛くなるものです。

自分のことを恐れているみたいで、自分の前だと静かです。

こういう選手は距離を保って、厳しく接していこうと思います。

今日はいつもの練習プラスちょっと色気を出して、攻撃でもサインプレーを組み込んでみました。

それにしても多い、多い、サインの見落とし。

それとサインを見た後の油断で牽制アウトが多い。

まだまだ余裕が無い証拠です。

とにかく練習をしまくって、大会に行く頃には自信を持って戦いたい!!そう思います。

P1020048_2P1020051_3P1020055_6P1020060P1020065P1020072

写真1:練習前の選手達の円陣!好きです。

写真2:真ん中にいるのはネランジャン。後列左からサミーラ、コーサラ、ネランカ、プラディープ、シャーリタ。

写真3:笑顔で走ってくるのはプラニートゥ。愛称はペニです。ナショナルチーム最年少です!

写真4:手前はアミラ。今回は足を負傷していて、サポートしてました。

写真5:手で食べる食事。ネランカとのツーショットです。

写真6:Tバッティングをするのはスシ。シュアなバッティングが魅力です。

| | コメント (2)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »