« U-17 | トップページ | たまにはこんな日も② »

たまにはこんな日も①

アヌラーダプラのチームを作った、テツさんが9ヶ月ぶりにスリランカに戻ってきた。

ということでテツさんに同行し色んな所へ。

まずはもちろん、テツさんの任地だったアヌラーダプラへ出発。

その前にお昼を食べようとのことで向かったのがカデー。

久しぶりのランカケーマに興奮のテツさん。

俺もスリランカにいながら、ランカケーマは意外と避けてる傾向にあるので、この日は久しぶりに食べて美味しかったな~。

007006

二人で久しぶりのランカケーマを堪能した後は、駅へ向かうことに。

しかし、駅の前の道はなぜか封鎖。

何かあるみたいだったけど、JICAからはSMSが届いてないし、いいや行っちゃえと迂回しながら駅に。

電車の時間にはまだ2時間くらい余裕があったので、チケットだけを買いにテツさんはスリーウィルから降りて向かい、俺はスリーウィルで馴染みのドライバーと談笑しながらゆったりと過ごしていた。

無事チケットが買え、電車までの余った時間はヒルトンホテルにくつろぎに向かう。

もちろん道は封鎖されていたので徒歩だが・・・・ヒルトン前の道が全て封鎖されている!?

何でと近くの警察に聞いたけどもよくわからん。

何だか偉い人が通るみたいだったけど、でも封鎖されている内側にも外側にも人がいたので「意味ないじゃん!」てテツさんと話しながら、開放されるのを待った。

ものの10分くらいで道は普段通りに。

でも何だったんだろう??

まぁいいやとヒルトンのクーラーの聞いたホテルでソフトドリンクを飲みながら一休み。

その間に、テツさんと日本に帰ってからのこと、今後のこと、スリランカにいる間の予定、昔の思い出話とか話してたらあっという間に電車の時間になった。

そして電車の中でも話は尽きず、珍しく一睡もせずに長距離移動を終えた。

久しぶりのアヌラーダプラに降り立ったとき、テツさんの懐かしくて嬉しそうな表情が印象的だったなぁ。

俺も日本に帰って、もう一度スリランカに戻ってきたとき、きっと同じ表情をするのだろう。

そんなことを思いながら、ゲストハウスに向かう。

泊まったゲストハウスは、シャリニ。

アヌラーダプラの中ではきれいなゲストハウスでサービスもいい。

もちろん値段は安くはないが、コロンボに比べたら全然きれい。

その日はビールを飲みながら、再会に乾杯し、移動の疲れかぐっすり寝てしまった。

続く

|

« U-17 | トップページ | たまにはこんな日も② »

JOCV青年海外協力隊」カテゴリの記事

コメント

いいな~!
いいな~~!!
いいなぁ~~~!!!

投稿: mai | 2008年8月27日 (水) 20時24分

いいだろ~!
いいだろ~!!
いいだろ~!!!
下見はばっちりだよ!

投稿: URUSIX | 2008年8月27日 (水) 20時30分

いいなぁ~
ケーマってなんだ?

投稿: gane1982 | 2008年8月28日 (木) 18時35分

ランカはスリランカの略称、ケーマはシンハラ語で食べ物。
スリランカの食べ物って意味だよ。

投稿: URUSIX | 2008年8月29日 (金) 09時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« U-17 | トップページ | たまにはこんな日も② »