« 消えた笑顔 | トップページ | 再開 »

涙の雨

マリンダの故郷はコロンボのボレッラ。
しかし今回行われた葬儀はマータラ。
ゴールから約1時間半のところだ。

マータラは奥さんの実家で、そこで葬儀が行われていた。

朝7時に一日チャーターしたハイヤーに乗る。
JICAのバス、鉄道での移動禁止令がとけていないためだ。
そしてゴールで野球メンバーを合流し、マータラへ。

マータラの家に着くと、すぐにマリンダの遺体のあるところへ。
やはりキレイな顔だった。

P1080706

奥さんに会った。
初めてである。
マリンダの一人娘もいた。
まだ1歳になったばかり。

二人とも写真で見たことあったから、すぐにわかった。
赤ちゃんの顔はマリンダにそっくり。
今は父親が亡くなったことを理解していない。
あどけない笑顔で笑っていた。
思わず涙が溢れてきた。

P1080699P1070598_2

マリンダの奥さんと色々な話をした。
生前マリンダが俺について奥さんによく話していたこと。
本当に野球が大好きだったこと。
赤ちゃんがマリンダのことを本当に大好きだったこと。
マリンダも自分の娘を本当に愛していたこと。

涙無くしては語れなかった・・・

マリンダと約束していたことがあった。
それを思い出した。
それは赤ちゃんに日本のプレゼントをあげること。

母親に頼んで日本から赤ちゃんのためのおもちゃを3ヶ月前くらいから送ってもらってあったが、なかなか渡せずにいた。
そのことを思い出したので、葬儀に向かうときに持っていき、マリンダの写真と一緒に渡した。
生きているときに渡したかった・・・・

全ての人たちが悲しみに包まれていた。
全ての人たちが・・・・

突然の大雨。
最近は全く無かった雨。
まるでマリンダの死を天も悲しんでるかのような、涙のような雨だった。
雨に打たれながら、マリンダの棺は土の中へ運ばれた。
マリンダ、安らかに眠れ・・・・
涙で前が見えなかった。

|

« 消えた笑顔 | トップページ | 再開 »

JOCV青年海外協力隊」カテゴリの記事

コメント

何の危険もなく野球を続けられることを本当に幸せだと感じます。
漆原さんこそ無事帰ってきてください。

投稿: SCS 服部 | 2008年2月11日 (月) 18時09分

ありがとうございます。
もちろん無事で帰ってまた一緒に野球をしたいですね!
最近コスモスターズで野球やる夢をよく見ます。
自分が野球やりたい気持ちをここで改めて見つけました。

投稿: URUSIX | 2008年2月11日 (月) 18時47分

 自分もスリランカにいる頃に色々な自分ではどうすることもできないような災難が降りかかってきてきました。こういう経験を通して、こういう国の人たちは神や仏にいいようにむかうように祈るようになるんだなっていうのがわかりました。自分も祈るしかない日々が続きました。

 でも、今の状況は自分がいたときをはるかに超えるような災難が降りかかってきています。日本で情報を耳にするだけでとても心配です。

 何とか自分自身の心身の健康を保ってくださいね。健康であればいつかいいことがあります。日本からスリランカにおける全てのことが少しでもいい方に向かうように祈っています。

投稿: 546 | 2008年2月12日 (火) 14時31分

546さん、コメントありがとうございます。
スリランカでの任期をしっかりと全うして日本に帰りたいと思います。
それまでスリランカでスリランカの野球人達を始め、多くの人たちのために尽くしたいと思います。

投稿: URUSIX | 2008年2月13日 (水) 09時27分

誰にでも訪れること。
でも今回のことはあってはいけないこと。。。
悲しくて辛すぎて言葉にできないことだらけ。。。
あの日の自分自身のことを思い出した。
でも、いつかはこの現実としっかりと向かい合わなくてはいけない日が来る。

大事なことはその人の事を忘れないこと。
その人の思いを忘れないこと。
そして今の自分に何ができるか…

あの時のことがあったからこそ
今の自分は強くいられます。

どうか彼の死が無駄にならないよう…
平和が訪れますように。

投稿: ぴょん | 2008年2月13日 (水) 20時19分

戦争によって命を落とすことは本当に悲しい。
だからそれだけはあってはいけない。
そう思う。
彼らの死は決して無駄にはしない。
俺はできることをしたいと思う。

投稿: URUSIX | 2008年2月14日 (木) 07時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消えた笑顔 | トップページ | 再開 »