« 握手 | トップページ | 光り輝く島が泣いている »

光と影

2008年1月16日
朝7時頃、仲間の隊員がいる任地で爆弾テロがあり心の底からぞっとした。
バスが爆破され、20人前後が死傷したらしい。
その土地は田舎でそんなに広いところでもなく、
そしててっきりターゲットのコロンボでテロが起きると予想していたため、完璧に予想外だった。
もちろん今日は始まったばかり。
まだコロンボでテロが起きる可能性あり。

それにしても通勤や通学で沢山の人がバスで行き来している時間帯。
市民を狙った許せない爆弾テロだ。
バスの中には子供達が何人か乗っていたらしい。
その任地にいる隊員も無事なのか?
自分は何度か電話したけど電話をとってくれない。
SMSも返ってこない。
本当に最悪のことを考えてしまった。
しかし、その後JICAから任地にいるJOCVは無事であるというSMSが届き一安心。
しかし、本人から連絡があるまでいまいち無事という確信が持てないため、本人からの直接の連絡を待った。
今日その場所ではテロが二回。
卑劣なやり方だ。
それにしても恐い。
人事ではない。
今回は本当にそう思った。
運が良い悪いで生死を決められたくない。
この国、一体どうなっちゃうんだろう??

マイナスの話をしたからにはプラスの話もしておく。
昨日は久しぶりの1日練習。
最近は活動にもやる気がなく、少し気持ちが沈んでた。
でも昨日は最高の天気の下で子供達と野球をすることができた。
そして青空の下、子供達とご飯を食べ、和気藹々と話をする。
こんな単純な幸せを忘れていたんだな・・・
昨日は心から
「スリランカの子供達ありがとう」
「野球ありがとう」
「幸せな時間ありがとう」
と沢山のことに感謝のできた一日だった。

幸せなことを当たり前と思って忘れてしまっていた自分が少し変化した一日。
今日はどんな幸せなことが待っているだろうか??
今日も天気がいいので、子供たちと野球を楽しんできます。
P1080100

|

« 握手 | トップページ | 光り輝く島が泣いている »

JOCV青年海外協力隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 握手 | トップページ | 光り輝く島が泣いている »