« Tournament of University | トップページ | Galle!!! »

本気ということ

今日はNalanda Collegeで練習があったので少し早めに良く。

コロンボの学校は比較的時間を守るので、早めに行っても生徒は準備をし始めている。

日本では当たり前のことだが、スリランカでは珍しいことなのだ。

この前の大学トーナメントも、八時半開始予定だったが、結局九時過ぎに開始。

二日目も同様だった。

キャンディに行った時はもっとひどい。

時間に選手が一人もいなかったのだ。

しかし、これが途上国では普通なのだ。

もし、途上国も時間というものをきっちりとすれば、もっと発展することは間違いないだろう。

でもこればっかりは一人ではどうしようもない。

さて今日の練習だが、限られたスペースで行わなければならなかったので、高校でコーチをやっていた頃、その高校の監督が行っていた練習をすることにした。

一生懸命やっている選手も沢山いたが、どうも集中力散漫な選手もちらほら見られる。

他の選手がプレイをしているときに見ていない。

これは本当に直すべき点だと思う。

一つ間違えれば大怪我につながるからだ。

そして、他の選手のプレイや指摘された点を聞くのは、上手くなるための方法の一つである。

そのことをわかってもらうために、今日は叱った。

本気で叱ったのが伝わったのか、その後の選手達の動きがよくなり、声も出すようになった。

やはり叱るということも必要だ。

選手のためを思うなら、必ず必要だ。

スリランカのいいところは叱られたことを素直に受け入れること。

今日はそんなことも思いながら練習をした。

そしたら、今日は沢山の生徒が話しかけて来てくれた。

どうやら打ち解けたようだ。

今日は本当に嬉しかった。

07511lP1030392

|

« Tournament of University | トップページ | Galle!!! »

JOCV青年海外協力隊」カテゴリの記事

コメント

毎日少しずつ!
大事なことですね!

投稿: FUMITORA | 2007年5月21日 (月) 19時41分

野球への真剣さが伝わったのではありませんか。
野球はBASE BALLと違ってゲームだけが大切ではないという考え方があります。URUSIXさんは野球を教えているようですね。

投稿: bodykomii | 2007年5月22日 (火) 12時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/394544/6500568

この記事へのトラックバック一覧です: 本気ということ:

« Tournament of University | トップページ | Galle!!! »