トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

BASEBALL IN SRI LANKA

今日は朝からいつもと違った感覚。

それもそうだ。

スリランカに来て初めて野球を教えるのだから。

期待と不安が入り混じる中、コロンボのナランダカレッジに到着。

ナランダカレッジのコーチを探す。

しかし全く知らない場所なので警備員に聞くと、生徒を呼んで案内してくれた。

そして野球部の部室らしい場所へ到着。

そこには小さな少年達と好青年が一人。

その好青年こそがコーチだった!!

彼は学校の教師である。

放課後は野球部のコーチをしているが、自身もクラブチームの選手として活動もしている。

日本にいたときの自分のようだ。

自分も高校で講師をしながら、野球部のコーチもしていたし、社会人野球のクラブチームの選手をしていた。

平日は高校生と体を動かし、休日はクラブチームに合流し練習をしていた。

彼はそれに近い形で野球をしている。

今日はU-13U-15の練習の流れを見ながらコーチをした。

二つのグループに分かれるといっても、U-154人しかいないので実際は全員混ざって練習をすることになるのだが、早速問題発生。

全員分のグローブがないのだ。

キャッチボールができない!!!

グローブが使えないのは新しく加わった、進級し四月から野球部に入部した子達だ。

もちろん、この一ヶ月しか野球をしたことがないので、シロートと変わりない。

なので、グローブが空くまでグローブなしでできる基本練習をした。

そしたらまた問題発生!

一人の子が使っていたグローブの紐が切れてしまったのだ。

よく見たらかなり古いグローブで、切れては結び、切れては結びといったことが行われているのがわかった。

紐が短くなりすぎて結べなくなったものは、ビニールテープなどで補修しているようだ。

これが野球用品が手に入らないスリランカの現実だ。

しかし、日本から送られたグローブを何回も直し、使い込んでくれるのをみると、本当に嬉しい。

いつか、スリランカで野球用品が買えるようになるといいなぁ。

話は戻り、今日は普段行っている練習を見せてもらい、自分はメニューを組まなかった。

その練習の中で気付いたことをアドバイスするようにした。

今日のメニューは以下の通り

1.アップ

2.キャッチボール(グローブのない選手はゴロ捕りの基本姿勢を確認、反復練習)

3.バッティング(素振り)

4.フィールディング

5.ダウン

これが普段のメニューだ。

アップは掛け声こそないが、日本の野球と同じように並んで走り、そして体操をするという形だ。

ただ、ダッシュなどの瞬発系のアップがなかった。

また体操も、特に下半身のストレッチが足りないというのが最初の印象だ。

次にキャッチボールは二人一組で行うのがだが、驚いた。

いきなりびゅんびゅん投げ始めたのだ。

普段は肩を慣らすということをしないみたいで、いきなり速投から入っていく。

肩や肘を痛めている選手が多いと聞いたことがあるが、それも納得できる。

しかし、肩が強い選手が沢山いた!!

次はバッティング。

しかし、グラウンドを陸上やサッカーやクリケット、バレーボールなどの部活も使っているためフリーバッティングができない。

なのでいつもは素振りのみをしているようだが、素振りのみというのももったいない。

だから今日はトスバッティングにチャレンジ。

彼らはトスバッティングを初めて行ったようなので、なかなかピッチャーに返せない。

これは練習が必要だ。

次はフィールディング。

ここで提案。

ボール回しから行うことに。

普段はボール回しを行わないようで、戸惑いながらも始めてみたのだが、なかなかきちんと回すことができない。

これも練習あるのみ。

まずはキャッチボールからだな。。。。

最後にクールダウンを行い練習終了。

選手達は野球が本当に好きなようで、一生懸命やってくれる。

まずはそれが一番大事だと思った。

やる気があればいくらでも上手くなれる!!!

話は続く。

今日は子供達の練習後タオルで汗を拭っていると、コーチが言った。

この後クラブチームのメンバーにもノックしてくれないか?

実は、子供達の練習中にクラブチームのメンバーのうちの何人かが自主練習に来ていた。

そのうちのナショナルチームのピッチャーでもある選手が来ていたのだが、他の選手よりも体格がよく、力強い速球を投げそうなオーラを感じた。

残念ながら彼は仕事の都合上、ノックを始める前に帰ってしまったのだが今後会うのが楽しみだ。

もちろん自分はノックをすることをO.K.し練習をすることに。

その前にキャッチボールをしたかったのでキャッチボールをファーストの選手としたのだが、油断していた。

かなりいいボールを投げる。

スピードと重さがある。

生きたボールを捕ることができた。

これは期待できるぞ!

ノックを始めると、子供達に比べさすがは長年やっているだけあり、動きにキレがあった。肩も強い。

反応も良い。

ノックに力がこもった。

もちろん荒削りなところもあるが、今後どう伸びていくか楽しみだ。

今日の練習の中で自分のやるべきことがいくつか見つかった。

まだナランダカレッジの選手とコロンボの1クラブチームの選手しか見ていないので、スリランカ野球のほんの一部に過ぎないのだが、今日は大きな収穫を得た。

これから自分がスリランカの野球選手達に何を伝えていくか、どう伝えていくか。

今の語学力では、100%伝えることができないのでかなりの努力が必要だ。

よし、全力で活動するぞ!!!!

Photo_4 Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

START!!

いよいよこの日が来た。

今日はスリランカ野球協会のメンバーのうちの二人と初対面。

野球をしているのだから当然かもしれないけど、

日本がWBCでチャンピオンになったことを知っている。

王貞治やイチロー、松坂大輔など日本の代表的な選手のことを知っている!

野球の話ができる!!

スリランカにも野球を愛している人たちがいるんだ!!!

それだけで、今までの辛いことが一気に吹き飛ぶ気がした。

今日は活動についての話し合いをし、一日が終わった。

今後の活動は、まず最初の2~3週間はコロンボにある野球を行っている全ての学校に行き、コーチをしつつ野球の状況を観察する。

その後、キャンディ、ゴール、ポロンナルワ、アヌラダプラといった、スリランカの中で野球チームが存在する都市の野球の状況を見つつ活動する。

明日はまずコロンボのナランダカレッジに行く。

そこが一番最初の活動場所になるわけだ!!

どんなことが待ち受けているだろう??

例えどんなハプニングでも必ず乗り越えてやる!!!

そして今日から一人暮らしも始まり、野球協会の仲間と別れた後、家の掃除と荷物の整理。

前任者の方達が残していった野球道具が置いてある倉庫を整理していると、二代目野球隊員の方からのメッセージを見つけた。

そこには引継ぎを含め激励の言葉があって、それを読んでいると本当に熱い気持ちになった。

自分は“三代目スリランカ野球隊員として、日本代表として、先輩達が築き上げてくれたものをに新たなものを積み上げていきたい。”そう思った。

よし。今日からはばたくぞ!!

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“NO BASEBALL NO LIFE”

現地訓練も明日で終わり。

いよいよ明後日には活動が始まる。

この一ヶ月は今までのどの一ヶ月よりも早かった。

きっと活動が始まってからはもっと早い。

だから、一秒たりとも無駄にはしない。

一秒一秒、今を生きる。

やっと野球ができる。

スリランカに来て生で野球を全く見ていない。

だからものすごくうれしい。

この一ヶ月の間、自分にとって野球という存在がどれだけ大きいか、自分が野球をどれだけ好きか、改めて知ることができた。

野球のない人生なんて自分には想像できない。

“NO BASEBALL  NO LIFE”

Img_1462_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常夏のBASEBALL DREAM

アー、アー。

聞こえますか??

自分の言葉は届いていますか?

初めまして。

青年海外協力の野球隊員として“スリランカ”に派遣されたURUSIXです。

自分の足跡を残すためにブログを始めました。

今、自分の夢を追いかけ、この常夏の島“スリランカ”の地に立っています。

少し自分のことについて紹介します。

小さい頃から、今の今まで野球を続けています。

小学校4年生から中学、高校、大学、社会人と野球を続けてきました。

高校で英語の講師をしながら野球部のコーチとして部活動も見ていました。

ポジションはピッチャーです。

野球は本当に好きで好きでたまりません。

一生野球からは離れないような気がします。

きっと前世もそんな感じだったんだろうなぁ。。。

皆さんはどのくらいの国で野球が存在していると思いますか?

サッカーはかなりの国で行われていますね。

じゃあ野球は?

30?50?

いやいや、100以上の国が野球をしています。

でもスリランカを含め多くの国で、野球はサッカーやバレーボールに比べればマイナーなスポーツです。

そんな野球をもっともっと広げたい、もっともっと沢山の人に野球の素晴らしさを知って欲しい、その気持ちが今の自分を動かしています。

自分のできることなんてちっぽけかもしれないけど、小さなことが一つ一つ集まって、奇跡は起こる、そう信じています。

自分が生まれたこと、生きてきたこと、色々な人との出逢い、スリランカにいること全てが小さなことが集まってできた奇跡だから。。。。

とにかく自分はこの地で全力で精一杯やっていきます。

そして、自分の体験したことやってきたことをできるだけ記録していこうと思います。

本格的に活動が始まるのは一週間後です。

よし!これから二年間、やってやるぞ!!!

また会いましょう。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年5月 »